2009武蔵大(全学部日程)世界史解説-大問1

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界史・解答速報(2/2全学部日程)
[大問1]
問1 2
1.ヴァルダマーナはジャイナ教開祖。
3.4.マニ教はゾロアスター教にキリスト教・仏教の要素を融合したもの。
徹底した善悪二元論,禁欲主義,偶像否定が特徴。
ササン朝ではシャープール1世時代を除いて弾圧される。
ナーガールジュナ(竜樹)は大乗仏教。シャイバニ朝はウズベク系で、ティムール朝を滅ぼした。
ラマ教はチベット仏教の別名。ツォンカパは黄帽派。ダライ=ラマはアルタン=ハンが与えた尊称。

問2 5

問3 3
アートマンはウパニシャッド哲学における「我」。
シオンはイェルサレムの雅名。

問4-1 1
『イリアス』はトロイア戦争での英雄の活躍を描いたホメロスの叙事詩。
ウパニシャッド哲学では輪廻転生が論じられている。
ハディースはスンナ(ムハンマドの言行)に関する伝承。『コーラン』とともにイスラーム法の根幹をなす。
ルバイヤートはウマル=ハイヤーム(セルジューク朝・ジャラリー歴制定)の四行詩集。

問4-2 3
回教はイスラーム教。景教はネストリウス派。紅教はチベット仏教旧派。黄教は同新派。

問5 4

問6 4

問7 ア3 イ6

問8 2
パウロは「異邦人の使徒」とも呼ばれた。

問9 3
トリボニアヌスはユスティニアヌス帝の命で『ローマ法大全』を編纂。

問10 1
問4の解説参照。

問11 3

問12 2
兼愛は墨子の思想。墨子は他に「非攻」を説いた。

問13 1
禅宗(中国)は達磨。

問14 4