2009武蔵大(全学部日程)世界史解説-大問3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界史・解答速報(2/2全学部日程)
[大問3]
問1 3
1.初代皇帝はザクセン家オットー1世。955年レヒフェルトの戦いでマジャール人を撃破。
問2 4

問3-1 4

問3-2 1

問4 1

問5 7

問6 2
2.オランダは神聖ローマ皇帝カール5世の退位後、ハプスブルク家の支配に入る。

問7 2

問8 2
2.九十五カ条の論題は1517年。ドイツ農民戦争は1524~25。シュマルカルデン同盟成立は1530年。
なお、レパント海戦は1571年。レオ10世の即位は1475年。

問9 3
ドイツ騎士団誕生は1190年。
4.選帝侯としてブランデンブルク選帝侯領を治めるようになるのは1415年から。

問10 6
絶対王制は、ボシュエやフィルマーらだけではなく、「社会契約説を唱える」ホッブズからも擁護された。

問11 3
1.アベラールは唯名論者。パリ大学教授。
2.エラスムスは『愚神礼賛』の著者。16C最大のヒューマニストとされる。ルターとは対立し、宗教改革には加わらず。

問12 5