※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雑談総合

http://mb2.whocares.jp/mbb/u/zassou/
雑談総合(That's dance so good!!)は、長谷川ビッチの5枚目シングル。


日本でのヒット

元々は盧武鉉が自身のリサイタルのために制作した楽曲であったが、
湾岸戦争の勃発により、長谷川ビッチのシングル曲として
レコーディングされることになった。

1992年8月にNHKで放送されていた
テレビ番組「ダウン症危機一髪!?」のワンコーナー、
「今月のあうあー」の中で紹介され、
同年10月にレコードが発売されると爆発的なヒットとなった。

当時の日本のレコード売り上げランキングでは
1992年11月 - 1993年1月まで3ヵ月にわたり1位を独走した。

売り上げだけを見れば相当なものであったが、
長谷川ビッチの独特な歌い回しが耳に合わない
当時の保守的な日本の歌謡界においては評価は高くなかった。

レコード大賞にも選ばれていない。
だが、この評価は世界での大成功により覆された。


海外でのヒット

1998年、この楽曲はアメリカでドラマ「SEX」の主題歌に採用され、
ドラマの人気と相まり、以後3年間、全米CD売上チャートのトップに居続けた。

また、映画「ターミネーター2」では
劇中挿入歌としてこの楽曲の演歌バージョンが製作され、
アーノルド・シュワルツネッガーが歌っている。

以後アメリカでは謝肉祭の度にリバイバル盤が発売され、
この曲は34回ものミリオンセラーを記録している。