※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

音楽板

http://mbb.whocares.jp/mbb/u/008/
音楽板は、俺達の時代。ジャスティス。


概要

今の日本の現状をみていて思うのは、個々人の趣味、興味の細分化がなされてきているということである。
日本のサブカルの発達をみてもこれは否定できない事実である。
これはこれからの日本の音楽シーンにも当てはまることであると思う。
さて、ここから何を導きだすか。
結論から言わせてもらえば、今から10年後のJポップの世界ではエイベックスの時代は終わり、
平沢唯を筆頭として、「けいおん!」メンバーが日本の音楽シーンを圧巻しているだろうということである。

(中略)

さて、現在の音楽シーンを引っ張る事務所がどんどん苦戦していく中で、
10年後、ホースとdetuneを主軸にした、まさに「ミクロの時代」にふさわしい「けいおん!」メンバーは、
好みが細分化された日本人の音楽へのニーズを見事に満たし、快進撃を続け、
ついには2017年に日本最高のCD 売り上げを記録し、名実ともに日本音楽回界筆頭の音楽事務所となる。
「けいおん!」メンバーはレコード大賞などのその年度の賞を総なめにし、紅白にも出場し、社会現象ともいえるほどの勢力をもつようになる。
「けいおん!」メンバーの知名度が上がるにつれて平沢唯などのキャラクター個人も有名になり、
エイベックスの代表である「マックス松浦」に例えられ、「ミニマム平沢」という異名をとるようになる。
平沢氏はその憎めない人間性や可愛らしい容姿で話題となり、「けいおん!」は帯番組へと大躍進し、テレビでは平沢唯の冠番組まで登場するようになる。
平沢唯はついにはやくみつる、井筒和幸と共に日本の3大批評家(通称Big3)といわれるまでに至り、
日本音楽界、批評会における地位をゆるぎないものにしたのであった。


メンバー



鳳凰院 卿太郎 (ほうおういん きょうたろう)

中央手前。堯悪鬼四天王軍のリーダー。
縄文時代に封印された火の魔法「グランギニョル」を操る。
その右目には、伝説の皇帝である楼狼王の魂が宿っている。

響鬼堂 音鷺 (ひびきどう ねろ)

左。響鬼堂家唯一の血族者。
古のクニツクリガミから奪った宝剣「イザノミトトキ」を所持する。
人間に精神錯乱を起こさせる音色を奏でられる楽器「濡れ琵琶」の奏者でもある。

美邇亜我呉 虞龍袁 (びにあがぐれ ぐりゅうえん)

中央奥。全てが謎に包まれてる美少女。
自分自身の霊力を銃弾にして発砲できる「ソウルバレッタ」を扱う。
並行世界を行き来できるもうひとりの自分「シャドウアニムス」が存在する。

千ノ凪原 ユ宇ナ (せんのなぎはら ゆうな)

右。陰陽道に通ずる巫女。
邪龍「ゲイル=オルグム=ブリュンヒルデ」を召喚できる。
日本神話に登場する「水蛭子」の死骸をアクセサリーにしている。