SQL*PlusでのCSV出力方法

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SQL*PlusでテーブルデータをCSV出力する方法

set linesize 1000
set pagesize 0
set trimspool on
set colsep ','
set feedback off
spool 出力.txt
select * from emp;
spool off
exit

解説
set linesize 1000 : 出力ファイル1行の長さ。
set pagesize 0 : ページの行数。0にすると見出しの出力もされない。
set trimspool on : スプール出力の最後の出力にスペースを表示させない。
set colsep ',' : 区切り文字をカンマ区切り。
set feedback off : 最後の出力に「〜行が選択されました。」を表示させない。
spool 出力.txt : 結果出力のファイル名を指定。
select * from emp; : ココが実行SQL。
spool off : ファイル出力を終了。
exit : SQL*PLUSを終了。