12120002


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NO.2-1 二次関数 ~難易度☆★★★★

問題

 211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 23:22:10.82 ID:XJP+DC730
  xy平面にy=-x^2+6x-14があり、この放物線を①とする。
 (1)この放物線の頂点をCとする。この放物線を原点に関して対象移動したとき、
 放物線を②として、その頂点はAとなった。Aの座標は({アイ}、{ウ})である。
 (2)②をx軸に関して対称移動した放物線の頂点をBとして、さらにその放物線
 を原点に関して対称移動した放物線の頂点をDとする。ABCDをこの順で結
  んで出来る四角形は辺上に格子点(x,yがともに整数の点)を{エオ}個含む。
 (3)四角形ABCDは境界線を含んでグラフTの領域とする。すなわちTの変域は
  {カキ}≦x≦{ク}、値域は{ケコ}≦y≦{サ}である。
 (4)グラフTをT'=|x-1|+|x-2|とするとき、Tの最大値はx={シス}
   のとき{セ}であり、最小値は{ソ}である。またTのxが最大のとき、y={タ}である。 

解答

+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。