アイゼン到達後


貴族街(1)


{たおやかな女性}
ようこそ
世界最古の国、アイゼンへ>
ここは貴族街ですよ
国民の中でも、特に高い階級を
持った者が住む地区です>
奥に進むと城があり
東に行くと貧民街があります
ごゆっくり
お過ごしくださいね

{道具屋 種々雑多}
これはこれは!
ようこそ、いらっしゃいませ

「店を出る」以外を選択後

{道具屋 種々雑多}
なんでも
承ります
お申し付けください

「話をする」を選択

{道具屋 種々雑多}
お客様には高くても良品を
お持ちいただきたく思います

「店を出る」を選択

{道具屋 種々雑多}
ありがとうございました
またのお越しをお待ちしています

{高飛車な貴族}
ちょっとあなた
もしよろしかったら
これを買ってくださらない?>
大きくてなかなかの輝きだったし
店員が勧めるから買ったんだけど>
鑑定士に調べてもらったら
ただのガラス玉だっていうのよ>
私には大きいだけで邪魔だけど
あなたみたいな人なら
これでも満足できるでしょ?>
1000Gでどう?

  • 買いますか?
    →はい


{高飛車な貴族}
確かに1000Gね
じゃ、これあげるわ
*1
{高飛車な貴族}
あら、1000Gぽっちも
もってないの?

『大きなガラス玉』
をもらった!

  • 買いますか?
    →いいえ


{高飛車な貴族}
いらないんだったら
あなたに用はないわ

{高飛車な貴族}
今度はもっと私にふさわしい
一品を探しましょ
{語らう男性}
外で何があろうと
アイゼンが堕ちるなど
考えられません
{語らう女性}
水面にたゆたう蓮の葉の
なんと美しいことでしょう…>
あの葉のように
今日もゆったりと
時が流れていくのですね
{奉公のルシェ}
えっと、買うものは
アレとソレとコレと……>
急いで済まさないと
また夕飯抜きになっちゃうよ…!

{武器屋 豪華絢爛}
へい、らっしゃい!
じっくり見てってくんな!

「店を出る」以外を選択後

{武器屋 豪華絢爛}
もういいのか?

「話をする」を選択

{武器屋 豪華絢爛}
装備品をケチって死んだら
元も子もないってな!

「店を出る」を選択

{武器屋 豪華絢爛}
毎度!

{なまりの強い老人}
何街並之美也汝思其乎
勿急成仕事我薦汝静心於此町
*2
{なまりの強い老人}
アイゼンの町並みは美しい…
お前さんもそう思わんかね?>
急いて仕事をする前に
ここで心を落ち着かせて
いきなされ
{見下す検問官}
お前たち、もしやこの先の
貧民街に
行くつもりなのか?>
やめておけ、やめておけ!
あんな臭くて汚い場所
行っても何の得もないぞ!

お休処 睡蓮(1)


{お休処 睡蓮}
ここはお休処でございます
宿泊費は15Gです
泊まっていかれますか?

  • 泊まりますか?
    →はい


{お休処 睡蓮}
ごゆるりとお過ごしください

  • セーブしますか?
    →はい|いいえ


{お休処 睡蓮}
いってらっしゃいませ

  • 泊まりますか?
    →いいえ


  • セーブしますか?
    →はい|いいえ


{お休処 睡蓮}
またお越しくださいませ

{リキム治療院}
おや! ご病気ですかーっ!

「治療する」を選択

*3
{リキム治療院}
みなさん元気ですーっ!

「蘇生する」を選択

{リキム治療院}
どなたを蘇生しますかーっ!
{リキム治療院}
ッダー!
*4
{リキム治療院}
みなさん無事ですーっ!

治療or蘇生後戻る

{リキム治療院}
他に用はありますかーっ!

「店を出る」を選択

{リキム治療院}
またいつでもどうぞーっ!

お休処 睡蓮 2階(1)


{視察に来た騎士}
ミロスから視察に来たのだが…
アイゼンの文化は独特だな>
特に、ハシという食器は
扱いが難しくて
食事をするのに一苦労なのだ

貴族街民家1(1)


{使用人のルシェ}
旦那様…
このままではいけません
どうにかしなくては…!
{病床の貴族}
病でもう長くないと
宣告されてしまった…>
あらゆる医者を呼んだが
みな手遅れだと匙を投げるのだ>
私には、家族もいない…
いったい、何を希望にして
余生を過ごせばいいというのだ

貴族街民家2(1)


{美食家の妻}
まったく、ウチの人は
食べ物食べ物とうるさくて
かなわないよ
{専属料理人}
料理がまずかったら
即クビなんです…!
*5
{美食家の妻}
とりあえず珍味3つを
食べれば気がすむだろ
{専属料理人}
次の珍味も私が
責任を持って料理します
{美食家ジジイ}
これからも
ワシのために究極の食材を
捜し求めるのじゃ!>
ゆけ、 (ギルド名)

クエストオフィス(1)


{ミヤビ書士官}
ここでは町の人からの依頼を
クエストとしてうけることが
できます

「終了」以外を選択後

{ミヤビ書士官}
他にご用はありますか?

「クエスト受理」を選択

{ミヤビ書士官}
受理できるクエスト一覧です
*6
{ミヤビ書士官}
現在、受理できるクエストは
ありません

「クエスト完了」を選択

{ミヤビ書士官}
受理中のクエスト一覧です
*7
{ミヤビ書士官}
現在、受理しているクエストは
ありません

「クエスト履歴」を選択

{ミヤビ書士官}
完了報告したクエスト一覧です

「終了」を選択

{ミヤビ書士官}
ご利用ありがとうございました

{地図屋さん}
あ、あの!
地図は…いかがですか!?>
トドワ山岳、ゴウガ竹林
ゼンダ竹林、ヒヨロン神水洞の
4つセットで1000G…

  • 買いますか?
    →はい>
    『トドワ山岳の地図』
    を手に入れた!>
    『ゴウガ竹林の地図』
    を手に入れた!>
    『ゼンダ竹林の地図』
    を手に入れた!>
    『ヒヨロン神水洞の地図』
    を手に入れた!


{地図屋さん}
あ、ありがとうございます!
*8
{地図屋さん}
す、すみませんが
お金が…足らないようです

  • 買いますか?
    →いいえ


{地図屋さん}
え? 買ってくれないんですか?>
あ、いえ…
なんでも…ありません…

{地図屋さん}
あ、あの…
地図は宝箱の中にもあると
聞いたことが…>
す、すみません!
でしゃばりました…

{とどまる貴族}
君たちはハントマンか?
ハントマンは、なぜ国から国へと
旅をするのだ?>
…私にはわからん
この国を出ようと思ったことなど
1度もないからな

貧民街(1)


{イヤイヤ検問官}
貧しい人が貴族街に行って
盗みを働いたりしないように
チェックしてるんだ>
…僕だって、好きでこんな仕事
してるわけじゃないんだよ
嫌だなぁ…
{くたびれた女性}
デッドブラックとかいう
奴のせいで、ヒヨロン神水洞の
滝が枯れちまったのさ>
あそこの水は、私ら貧しい者の
貴重な資源だったのにねぇ…
どうしたものか…
{うずくまる少年}
…お前たち
英雄なんだってな…
*9
{うずくまる少年}
…花、だいぶ減ったらしいな
これやるよ……

『ドラゴン幼体』
をもらった!

{うずくまる少年}
……俺も頑張る…
お前たちも、頑張れ……

*10
無数の線が刻まれている

{うずくまる少年}
それ…何の数だと思う?
{不平を言う男性}
今のアイゼンは酷いもんだ
一部の貴族と王族だけが
利益を独占してやがる>
ここだけの話だが
不満のある奴をあつめて
レジスタンスができたらしいぞ
{たがやす青年}
こんな小さな畑でも
何かを作れば、家族の命を
繋ぐことができるんだ>
まってろよ…
兄ちゃんが、食べ物を
作ってやるからな…!

*11
{長話のおじさん}
…あー、こんな清清しい気分は
いつ以来だろうかぁ~>
話を聞きたくなったら
いつでもこいよ!
{長話のおじさん}
なんだ?
俺の話し、そんなに好きか?
だったら、また聞かせてやるよ

  • 話を聞きますか?
    →はい


{長話のおじさん}
へへへへ…
しょうがねぇなぁ!
話、してやるよ!

  • 話を聞きますか?
    →いいえ


{長話のおじさん}
冷たいこと言うなよぉ~

{憧れる娘}
見て…ひび割れて
ごわごわした、醜い手を>
酷いでしょう…?
貴族の、白くて細くて
柔らかそうな手が羨ましいわ…

貧民街民家1(1)


{子を失った母親}
私の娘は死んだよ
飢餓と、不衛生による病気でね>
…この国では、弱い者は
とことん搾取され、死んでいく
根幹から腐ってるのさ

貧民街民家2(1)


{のんべぇおじさん}
おぉ~? 客人かぁ~?
じゃあ、面白いことを
教えてやるよぉ~>
…アイゼンにはなぁ~、昔から
ルシェを奴隷にする風習が
あるんだなぁ~>
はじまりは誰も知らん
ただ、遠い昔から
そういうモンだったんだぁ~>
今は法律で禁止されているが
一部の貴族はまだ
使役してるらしいぞぉ~>
まぁ、使用人と奴隷なんて
パッと見じゃ区別は
つかないからなぁ~…ひっく!

レジスタンスアジト(1)


{すました少年}
今、かくれんぼしてるんだ
{挙動不審な女性}
え?
2人暮らしなのに広すぎる??>
>
そそそ、そぉんなこと
ないですよー?
気のせい、気のせい!

城内(1)


{アンニュイ名女性}
カザンから来たなら
途中、サイモン村を
通らなかった?>
あそこは、アイゼンの
窮屈な生活に嫌気がさした人が
集まっている村なのよ>
はぁ…私もこんな生活やめて
サイモン村で
のんびり過ごそうかなー…
{巡回中の兵士}
ここはアイゼンの王城だ
くれぐれも騒いだりするなよ
{新人執務官}
アイゼンでは、ルシェのことを
見下す傾向があるんだけど
僕はルシェのことが好きだよ>
特に、女性の、あの耳!!
とっても可愛いし、さわり心地も
よさそうだよね…!>
…あ、皆に馬鹿にされるから
このことは黙っておいてくれよ
{歴史を知る老人}
此国大陸最古且最強也
未嘗不勝利独恐竜哉
*12
{歴史を知る老人}
歴史を知るためには
遺跡を調査するのが
効率的であろう

スキル
『遺跡調査』
を手に入れた!

遺跡採取ポイントを
発見できるようになりました

{歴史を知る老人}
歴史を知ることで
未来を予想することができるのだ
覚えておくがいい
{歴史を知る老人}
この国は
大陸で最も古く、最も強い…
戦で負けたことなどないのだ>
それなのに、どうして竜を
恐れる必要がある?
{司書の青年}
おや、この書類は
提出の期限が過ぎているな>
…まぁ、いいだろう
あせらず、ゆっくりと
やろうじゃないか
{ベテラン執務官}
帝竜デッドブラックが
南にあるヒヨロン神水洞に
棲み着いてしまった>
調べによると、奴は闇を好み
洞窟の最深部に
居座っているらしい>
となると、弱点は光か?
ふむ…洞窟上部に差す光を
最深部まで届けられたら…

{リッケンの部下}
リッケン様は、帝竜討伐のため
ヒヨロン神水洞
出向いておられる

{マーチ}
…………!
ちょっとあなたたち!
服と靴の泥を落として下さい!>
せっかくピッカピカに
掃除したのに
また汚れてしまいますわ

王の間(1)


{ソウゲン}
文化、技術、そして芸術…
新興国であるカザンと我が国
では、比べるべくもない>
ゆるぎない伝統と格式を誇る
我がアイゼンの文化を
しっかり学んでいくがよい
{先輩近衛兵}
用がないなら速やかに立ち去れ
…異国の旅人風情が
入室できただけ幸せと思えよ
{後輩近衛兵}
あまり長居を
なさらないでくださいね
先輩に怒られてしまいますよ>
…先輩は、名門貴族出身なので
すごくプライドが高いんです
お気を悪くなさらず…
{第一皇妃}
私こそが、アイゼンの第一皇妃!
最高の富と権力を手に入れた
世界で一番の女!!>
ほーっほっほっほ…
この私が望めば、手に入らない
ものなどないのよ!
{第二皇妃}
あら、なんて小汚い格好
近寄らないでちょうだい
汚らわしい!>
…え? ハントマン?
てっきり貧民かと思ったわ

ソウゲン王と謁見後


城内(2)


{苛立つ男}
リッケンのヤツ…
いったい何を考えている?
{和やかな青年}
ヒヨロン神水洞
アイゼンから に行った所に
あるけど…>
竜が棲み着いているらしいから
近づかないほうが良いよ

ミッション『デッドブラック討伐』完了後


貴族街(2)


*13
{高飛車な貴族}
気安く話しかけないで
くださいます>
もう関係ないのですから
ほれ、早く帰ってちょうだい

{語らう男性}
色々と騒ぐ方もいますが
私は不安など
まったく感じません>
それよりも
彼女の美しさに胸が高まり
苦しくて仕方ないのです…!
{語らう女性}
帝竜…? 存じ上げませんわ
そのような不届き者が
いたのですか?>
でも、もう平気なのでしょう?
ここにいれば危険などないと
お父様が言っておりましたわ
{奉公のルシェ}
僕のご主人様は
いつも怖い顔で僕を見るんだ>
ご主人様だけじゃないよ
アイゼンの人は、みんなみんな
ルシェのことが嫌いなんだ…
{なまりの強い老人}
帝竜倒然貧民憤不収
之則苛政猛於竜也
*14
{なまりの強い老人}
帝竜は倒れたが
貧民の不満は
おさまらないようじゃな>
まさに「苛政は竜よりも猛なり」
ということかの
{見下す検問官}
お前たち、帝竜を倒した
ギルドだろう?>
ならば、貴族街で
もてなしてもらえば
いいではないか>
貧民街には、貧しくて
卑しい奴がいるだけだぞ
行く奴の気が知れん!

貴族街民家1(2)


*15
{使用人のルシェ}
元気ですよ
旦那様も、そして私も

貧民街(2)


{くたびれた女性}
洗えど洗えど
私らの服は薄汚れたままさ
本当に、嫌になるよ>
だけど、新しい服を買う
お金なんてないからね
…やるしかないのさ
{たがやす青年}
フロワロに侵された土地では
農作物なんてできないよ>
できたとしても
フロワロにあてられちまった
毒をもった野菜だけ…>
ちくしょう…!!
ドラゴンさえ来なければ
もう少し楽に暮らせたのに…!
{憧れる女性}
本当はね、今が一番
美しいはずなの>
だけど…私の美しい時間は
働きづめで、飾ることもないまま
過ぎていってしまうの……

貧民街民家2(2)


{子を失った母親}
私たちの田畑の多くが
フロワロに覆われてダメになった
…生活は、更に困窮したよ>
なのに貴族たちは
自分の生活を落とさないように
私たちの税を上げたんだ…!>
…多くの仲間が飢えて死んだよ
彼らは竜に殺されたのか
それとも人に殺されたのかね…

城内(3)


{歴史を知る老人}
歴史記於愛染之古書物
汝若望知其学愛染語探書物
*16
{歴史を知る老人}
アイゼンの古き書物には
歴史が記されている…>
興味があるのならば
アイゾ言語を学び
各地で書物を探すことだな
{史書の青年}
…どんなときも
焦らず優雅に振舞うことが
大切なのだよ>
あくせく働くなんて
貧しい民がすることだからね
{ベテラン執務官}
リッケン公爵が、君たちの活躍を
褒めたたえていたよ>
…あの方は、考えが柔軟だ
しかし、アイゼンには
頭の固い者の方が多い>
今後、それが危機を呼ばないと
いいのだが…

{リッケンの部下}
この先はリッケン公爵様の
執務室となっている
くれぐれも粗相のないように

{リッケン}
ドリスという英雄を失って
なお立ち上がり
新しき英雄を輩出する…>
カザンという国の強さが
本当にうらやましいよ>
それにひきかえ
今のこの国は……

{マーチ}
今日も私の掃除は完璧~♪
寸分違わず、綺麗に……>
…はっ!!
そこの花瓶、5ミリほど
ずれてるわ! なおさなきゃ!

王の間(2)


{ソウゲン}
おお、誰かと思えば
そなたらか…>
我が国の軍事力によって
弱り果てたデッドブラックに
とどめを刺したそうだな>
感謝には及ばんぞ
我がアイゼンは尊大な国だ
自らの手柄にするがよかろう
{後輩近衛兵}
そういえば、リッケン公爵には
お会いになられましたか?>
公爵の執務室は
城にはいってすぐの
右側にありますよ
{第三皇妃}
…このままの政治を
続けていたのでは
いずれアイゼンは滅びてしまう>
…王は、どうすれば
そのことに気づいて
くださるのでしょう…
{第一皇妃}
帝竜を倒したのはあなたがた?
…ふぅん、そう…>
いくらほしいの?
お金が目当てなのでしょう?
好きに請求するがいいわ
{第二皇妃}
あなたたちが
帝竜とやらを倒したんですって?>
…やはり、そういう野蛮な仕事は
あなたたちにような下賤な者に
任せるのが一番ね! ほほっ…