ちびキャラトーク(パターンA)


ちびキャラトークのファイター1:ブーン/ローグ2:ユスタス/サムライ1:シシマル/ナイト1:アレスのトーク詳細。


  • 1日目
「やあ!
オレの名前は○○>
つい先週
カザンにやってきたばかりなんだ
よろしくな!>」(♪)


  • 2日目
「カザンて
でっかい町なんだな
オレの故郷とは大違いだ!>
まだここに来て日が浅くてさ
どこになにがあるかわからないんだ
よかったら案内してくれないかな?>」
→YES
「ありがとう!
じゃあまたヒマな時にでも
案内してくれよ。>」(♪)
→NO
「いや、別に無理にとは言わないけど
残念だな…>」


  • 3日目
「へー!
カザンは宿屋もでっかいなあ。
オレの故郷にはさ
宿屋なんかなかったなあ。>
今どんだけ田舎モンだ!
とか思っただろ?>」
→YES
「はーはっは!
でもそんなに訛りはないはずだぜ!>」(♪)
→NO
「別に嘘をつかなくていいぜ。
思ったことを正直言ってくれよ。>」

  • 4日目
「オレの故郷はさ
ずーっと向こうの山の中にあって…
平和なところだったよ。
本当になんにもなくてなぁ…>
このまま平和が続くと思ってた。
でもある日、一匹の竜がやってきてな…
あの日のことは、忘れられないぜ…>」(♪)


  • 5日目
「その竜はなんとか追い払ったんだが
数日後
村外れでフロワロが発芽しちまってな
竜の体に種でもついてたんだろうな>
あとは最近よく聞く話の通りさ。
フロワロは瞬く間に広がり…
その後、
もっと多く竜の大群が押し寄せてきた。>」(♪)


  • 6日目
「竜の大群が押し寄せてきた時、
戦える奴は
村の人たちを逃がすのに必死で戦った。>
なんとか被害は
最小限に食い止めたんだが、
フロワロの増殖は止められなくてな。
村はすぐにフロワロに沈んじまったよ。>」(♪)


  • 7日目
「フロワロに沈んだ村はもう助からない。>
生き残った村の皆は
そのまま散り散りになっちまった。
自分の無力さを思い知った瞬間だったな。>」(♪)


  • 8日目
「故郷に失ったオレたちは
それぞれ散り散りバラバラに
なっちまった。>
オレは生き残ったダチと二人で
ハントマンにでもなろうと
ここカザンまでやってきたってわけさ。>」(♪)


  • 9日目
「ダチとは良いコンビだと思うよ。
最近ようやく
二人で依頼をこなせるようになってきてさ、>
ハントマン稼業が
楽しくなってきたところさ。
オレたち、結構才能あるのかもな。>」(♪)


  • 10日目
「ここだけの話だけどさ、
あいつがオレのダチだってことに
誇りを感じてるんだ。>
あいつの前じゃ
恥ずかしくて言えないけどな。>」(♪)


  • 11日目
「すまない!
オレのダチが大変なんだ!>
今日は話をしてるヒマがない
また今度な!>」(♪)


  • 12日目
「…。>
…オレの話を
聞いてくれないかな?>」
→YES
「実はずっと一緒に戦ってきた
オレのダチが
冒険の最中に大怪我をして…
このままじゃ…>」(♪)
→NO
「そうか…
まあ気が向いた時でいいさ…>」


  • 13日目
「ヒーラーの先生が言ったんだ。
ダチの怪我を治すには、
東の山にある薬草を
もってこなくちゃならないって。>
けど
オレ一人で
あそこまで行ける自信がないんだ。
情けないよな…>」(♪)


  • 14日目
「オレにもっと力があったらな…
ただ、今のオレが薬草を取りにいったところで
怪我人が一人増えるだけだ。
ヒーラーの先生にそう言われちまったよ。>
え?
薬草を取りに行くのを
手伝ってくれるって?>」
→YES
「本当かい!
助かったぜ!>」(♪)
→NO
「そうか…
まあ迷惑はかけられないしな。>」


  • 15日目
「この間は
世話になったな。
おかげで薬草も手に入ったし
早速届けに行こうと思うんだ。>
本当にあんたのおかげだ!
あんたと知り合えて本当に良かった。>」(♪)


  • 16日目
「あんたのおかげでダチは助かったよ。
しばらく養生すれば
また戦いにも出られるってさ。>
本当にありがとうな。
あんたと知り合えたことを
誇りに思うよ。>」(♪)


  • 17日目
「やあ!
また来てくれたのか。>
ダチはもうハントマン稼業に復帰したよ。
これから一緒に冒険に行くんだ。>」(♪)


  • 18日目
「お! あんたか
この間の冒険は大成功だった。
依頼も一つ片付いたし
まさに順風満帆!>
あんたには本当に感謝してるんだ。
いつか恩返しがしたいと思ってる。
嘘じゃないぜ。>」(♪)


  • 19日目
「しかし倒しても倒しても
竜の奴ら、数が減らないな…>
奴らを呼び寄せている元凶が
他にある気がするんだ…>」(♪)


  • 20日目
「聞いたか?
遂にカザン所属のハントマンギルドが
一斉に立ち上がることになったんだ。>
東の山の竜の巣に襲撃をかける!
竜たちを一網打尽にするんだ!>」(♪)


  • 21日目
「今度の戦い、
オレも参加することにした。
危険なのはもちろん理解してるさ。>
でもオレみたいに故郷を失う人を
もうこれ以上見たくないんだ。
だからこの身なんて惜しくない…
あんただって、わかるだろ?>」
→YES
「オレはこの身を捧げるぜ!
ハントマンとして
竜を狩り尽くしてやるんだ!
たとえ死んだって後悔なんてしないさ!>」
→NO
「オレのことを心配してくれてるのか。
…すまない。
こんなオレを心配してくれる人が
まだまだいたんだな…。>」(ハート)


  • 22日目
「この間はすまない。
一人で勝手に興奮しちまったみたいだ。>
そうだよな。
簡単に死んでいい奴なんていない。
そうだよな…>」(ハート)


  • 23日目
「なあ、あんた…>
いや…なんでもないんだ。>」(ハート)


  • 24日目
「今度の戦いは半端なくヤバイ。
もう帰ってこれないかもしれない。>
だからさ、オレなりに
色々考えたんだ…
…もし良かったら明日…
またここに来てくれないか?>」
→YES
「…照れくさいな。
明日、必ず来てくれよな。
来てくれるまで待ってるぜ!>」(ハート)
→NO
「ま、まあ、そう、だよな…
オレなんかに使ってる時間なんて、
ないよな…」


  • 25日目(最終日)
「本当に来てくれたんだな。
っていうか、
本当にオレなんかでよかったのかな…>
今更こんなこと言うのはヤボだな…
さあ、目をつぶってくれ。
オレの大事なモノ…
受け取ってほしいんだ>
(パスワード表示)
メモ、してくれたか?>」
→YES(ハートいっぱい)
「ありがとうな…
オレ、あんたのこと忘れないよ。>
まだあんたと
いっぱい話さなきゃならないことが
あるような気がするんだ。>
だから…
…。
とりあえず、いってくる!
あんたも、元気でな!>」
→NO
パスワード表示画面に戻る