IPv6ヘッダ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

IPv6 Header Format

参照:RFC 2460


  +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
  |Version| Traffic Class |           Flow Label                  |
  +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
  |         Payload Length        |  Next Header  |   Hop Limit   |
  +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
  |                                                               |
  +                                                               +
  |                                                               |
  +                         Source Address                        +
  |                                                               |
  +                                                               +
  |                                                               |
  +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
  |                                                               |
  +                                                               +
  |                                                               |
  +                      Destination Address                      +
  |                                                               |
  +                                                               +
  |                                                               |
  +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


・Version (4bit)

 IPバージョン番号。IPv6では6。


・Traffic Class (8bit)

 IPv6パケットの優先度などを識別するために利用する。 QoSで使用するパケットのクラス。http://www.puni.net/~mimori/rfc/rfc2476.txt


・Flow Label (20bit)

 IPv4 には無かったフィールド。  送信元のノードがルータに対して特別な扱いを要求する際の、ラベル付けを行うために利用される。  QoSで使用するトラフィックフローにつけるタグ。


・Payload Length (16bit)

 IPv6ヘッダに続くIPv6のペイロード長(オクテット単位)。IPv4と異なり、ヘッダの長さは含まない(拡張ヘッダの長さは含まれる)。


・Next Header (8bit)

 IPv6ヘッダの後に続くヘッダのタイプ。IPv4でのプロトコルフィールドに相当。  拡張ヘッダが存在する場合は拡張ヘッダのタイプや、上位プロトコルのプロトコル番号が入る。  ヘッダのタイプはプロトコル番号で表される。  (プロトコル番号はIANA管理) → http://www.iana.org/assignments/protocol-numbers/  


・Hop Limit (8bit)

 IPv4のTTLに相当。  ルータ転送回数の制限(0~255)。ルータでの転送毎にデクリメントされ、0になるとパケットは破棄される。  255は転送禁止の意味。


・Source Address (128bit)

 送信元のアドレス。


・Destination Address (128bit)

 宛先のアドレス。中継ルータのアドレスが指定されている場合もある(ルーティングヘッダ拡張)。


この後に拡張ヘッダが続く