※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DML【Data Manipulation Language】

  • データ制御言語
テーブル内のレコードの追加・検索・更新・削除などを行なう際に使用する
delete,insert,merge,select,updateなど

DDL【Data Definition Language】

  • データ定義言語
テーブル全体の作成・変更・削除などを行なう際に使用する
alter,create,drop,renameなど

DCL【Data Control Language】

  • データ制御言語
トランザクションの確定や取り消しなどを行う際に使用する
COMMIT,savepoint,rollbackなど

単一行関数

  • 単一行を操作し、一つのh行に対して1つの結果を戻す。
文字関数、数値関数、日付関数、変換関数がある。

グループ関数

  • 行のグループを操作し、行のグループに対して1つの結果を戻す。

デフォルト表領域

  • oracleで表を作る際、保存先を指定しなかった場合、
このデフォルト表領域に保存される。

データ・ディクショナリ

  • データベース自身の情報

トランザクション

  • データーベースの一連の動きのこと。DMLの集合体。commitまたはrollback等が行われると終了する
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。