これが創価学会の勧誘の仕方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

素材 > 元ネタ語録 > これが創価学会の勧誘の仕方


18歳のある日その訪問客は突然やって来た・・・

ドンドンドンドンドンドンドンドン ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン(石川のノック音)
石川「こんばんはー!倉地君いますかー!」
倉地君がドアを開ける
石川「やあ!倉地君!元気!」
倉地君が石川をガン見する
石川「創価学会男子部の石川でーす!」
倉地「俺は宗教なんかに興味ねーんだよ!二度と来るんじゃねえ!」
石川「今日が都合悪かったらあの別の機会でも全然構わないんだけれども・・・」
石川「あ、そうだ!もしよかったら・・・」
倉地君がドアを閉める

さらに数日後

ドンドンドンドンドンドンドンドン(石川のノック音)
石川「こんばんわー!倉地君!こんばんわー!」

(画面が切り替わる)
一同「アッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャ」
エア麿呂「これなァ」エア本「これねー」
エア麿呂「ほんまになァ」
エア本「倉ちゃんあのー、気持ちは分かるねんで。ウチらもよう勧誘させていただいたりとかさせていただいてますから」
エア麿呂「行かせていただいてますから」
エア本「ですけれどもねドアたたいてこんばんわー!」
エア本&エア麿呂「創価学会の男子部でーすなんて叫ばへんちゅうねん!」
一同「ワハハハハハ(笑)」
エア本&エア麿呂「近所迷惑やっちゅうねん!」