cfgmgrコマンド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

cfgmgr コマンド

デバイスの構成に使用する。
  • オプションの指定無しで使用すると、システム起動後に接続or追加されたデバイスの有無を調査し、該当するデバイスが存在した場合、適切なデバイスドライバをインストールする。
  • オプションの指定により、メディアから直接、デバイスソフトウェアをインストールすることも可能

構文: cfgmgr [-f|-s|-p フェーズ][-l デバイス名][-v][-i インストール元]

SMITでの手順は以下の通り。 
  1. 「smitty devices」
  2. 「IPL後追加されたデバイスのインストール/構成」
(システムの始動or初期プログラムロード後に追加されたデバイスの追加が行われる)


★要確認
SMITメニューの「デバイスの構成/構成解除」における実行コマンドを実機で確認する
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。