ロケーションコード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロケーションコード = デバイスのアドレス
HW障害時、LEDパネルにはロケーションコードが表示される。

表示形式からデバイスの状態が判別できる
  • 文字2組の場合(AB-CD)   → アダプタ
  • 文字4組の場合(AB-CD-EF-GD) → アダプタに接続されたデバイス

  • 00-00    システム・プレーナ ※機種依存なし。必ず00-00
  • 01-G0    ISAバス上のパラレルポートアダプタ
  • 04-01    PCIバス上のSCSIアダプタ

★要確認
特定機種のハードウェアマニュアルからロケーションコードを調べてみる

非SCSIデバイスのロケーションコードのフォーマット
最初の2桁(AB)は、バスタイプを表す
  • 00    システム・プレーナ、プロセッサ、メモリ、プライマリーPCIバス等、プロセッサバスに接続されるリソースを定義。
  • 01    ディスケットドライブ、マウス、キーボードアダプタ等、ISAバスに接続されるリソースを定義する。
  • 04    ISAバス、SCSIコントローラ、SCSIコントローラに接続されるデバイス等、PCIバスに接続されるリソースを定義。

★ISAバスは2001年頃に死滅した(?)と思われるが、時間があったら調べて見る。
とりあえず、2001年のpSeriese620モデル61F
には、ISAバスは無いようだ。(AIXのバージョンは V4.3)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。