TCP/IPの概念


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Transmission Control Protocol

  • 概念・歴史、RFC等については割愛
  • Host,Geteway,LAN,WAN等の用語説明については割愛

TCP/IPスタック(プロトコル層)
アプリケーション層 ユーザーアプリケーション同士がネットワークを介して通信を可能にする Telnet,FTP,SMTP
トランスポート層 端末-端末間のデータの転送を行う TCP,UDP
インターネット層 ネットワーク間のデータの転送・経路選択を行う この層ではフロー制御や転送エラーの処理は行わない。また、自分より下の層が信頼性を保証しないことを前提に設計されている
ネットワーク/インターフェイス層(データリンク層orリンク層) 物理的なネットワークのハードウェア制御を行う

  • アプリケーション層とトランスポート層の間のインターフェースは、ポート番号とソケットで定義される

UDP(UserDatagramProtocol)
コネクションレス型のサービスを提供するプロトコル。主にインターネットで使用されるコネクションレス型のサービスを提供するプロトコル。OSI参照モデルのトランスポート層にあたる。TCPと違いコネクションレスであり、送達確認などを行わないため言わば無手順方式のデータ転送となる。通信中のパケット紛失や、データ誤り等の検出やその為の対応が必要な場合はアプリケーションで行う。しかし、その分TCPと比べデータ比率は高まるため、途中でデータが抜け落ちても問題が少ない音声や画像のストリーム形式での配信(VoIP、Realストリーミング、QuickTimeストリーミング)に用いられている。DNSでも用いられている。
  • インターネット層(OSI参照モデルではネットワーク層)は、トランスポート層からのサービス要求に応じ、データリンク層に対してサービス要求を行う。


※別途、加筆予定。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。