ifconfig コマンド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ifconfig コマンド

ネットワークにおけるネットワークインターフェースパラメータを構成/表示する。


# ifconfig en0 inet 9.19.98.1 netmask 0xffffff00 up

ifconfig -a 全てのインターフェースについての情報を表示
ifconfig -au upステータスの全てのインターフェースを表示
ifconfig -ad downステータスの全てのインターフェースを表示


フィールド説明
# ifconfig en0 inet 9.19.98.1 netmask 0xffffff00 up
 B    C      D

A   インターフェースのタイプを指定 イーサネット、トークンリング等
B   アドレスファミリーを指定    AIXは、Internet(inet) or Xerox NetworkSystem(xns)をサポート
C   IPアドレスを指定
D  ネットマスクを指定 ※他のパラメータを指定することも可能
E   追加パラメータを指定 例:up=インターフェースをアクティブにすることを示す。
※通常、upパラメータは、インターフェースに最初のアドレスがセットされると自動的に指定される。 これはifconfig downコマンドの後に、インターフェースを使用可能にするためにもつかわれる。 ifconfigコマンドはDOMを更新しない ので、起動ごとに定義する必要がある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。