ア〇ルの輝くきみへ〜アナキミ分析


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

"ア〇ルの輝くきみへ" 
(アナキミ)はKジョエによって描かれる、男女の粋を越えた愛をテーマとした、純愛小説である。 
アナキミでは主人公がペニスを露出して歩いていると、目の前に突如ア○ルを剥き出しにした女性が見えて、主人公は本能の赴くままにその女性のア○ルに腰を打ち付けるという衝撃的なシーンから始まる。
ここで気になるのが、このア○ルを広げているのは誰かということだ。
それはまだ本編では明かされていないが、おそらくア○ルの花園のボスが、"ひろ"をこの集団にいれるに当たって本当にア○ルが好きかなどをチェックするために利用した花園のメンバーである。