※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



◇◇◇

 頭が真っ白になった。また、失敗…? また沙都子に知られてしまっていた?
 沙都子が家を、出る?なんで?どうして?答えは分かってる、けど分かりたくない。

「どうして、って聞いてもいい、のですか…」
「どうして? 梨花は私の親友ではありませんか…、だから、ですわ」
「…言ってることが、よく分からないのですよ…」

 ―分からないわけない、私が沙都子を追い詰めたって事くらい分かっている。

「…ごめんなさい、梨花」
「ごめんなさい…?何がごめんなさいなのですか…? 何か沙都子謝らなくてはならないことをしてしまったのですか? にゃーにゃーなのですか…っ!? だったらボクが一緒に―」

 ―雛見沢での事なら御三家である私が何とかすることが出来る、沙都子を助けられる。だからいなくならないで。

「ごめんなさい」
「だから! 何がごめんなさいなのかって聞いてんのよ!! 親友だから家を出るって、何で!? 私のこと嫌いになった!? 何か悪いことした!? ねえ! 沙都子!!!」
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

 壊れたレコードのように何度も何度もごめんなさいと言う沙都子にいい加減恐怖を超えて怒りを覚えた。

「ちょっと! 何よ、沙都子! 言ったじゃない、私の事すきだって! あれは嘘だったの!? ねえってば!」
「嘘なんかじゃありませんわ…嘘なわけありませんもの」
「じゃあなんで!? 私の事一人にしたっていいってこと!! 私の事どうでもいいってことなの!?」
「そんなわけ、ある、…はずも…な…」

 沙都子が何を言いたいのか分からない。何で沙都子がすすり泣くのか分からない。

「何泣いてんのよ! こっちが泣きたいくらいよ!!」
「ううっ…ごめんなさい…梨花ぁ…っく…うううううぅぅっ」
「出て行くならちゃんと理由を言いなさいよ! …北条沙都子ッッ!!!!!」

 もういつもの口調なんてどうでもいいくらい取り乱してる。でも止まらない。沙都子がいなくなる生活なんて強いられるくらいならこうやって駄々こねて意地でも沙都子と離れないようにしてやる!

「だって!!! 梨花は嫌でしょう! 私の事なんて!!!」
「はっ!?」

「私が梨花に思っている好きは、梨花が思っているような好きじゃないんですのよ…」

 ――…え? 何?

「沙都子、何言って…」
「梨花を親友としてではなく…一人の人間として、恋愛対象として…好き」
「………………え…?」
「こんな、こんな感情おかしいって分かってるんですのよ、伝えたらきっと梨花に嫌われてしまうって事も分かってるんですの。だから梨花には知られたくなかったんです…」

 ――何?沙都子…あなたもしかして私の心が読める…わけじゃないわよね…?

「え、沙都子、ごめ…もう一度言って…くれない? …なのですよ」

 少しでも自分を取り戻そうといつもの口調に戻してみるも、どう考えても変な文法。ああ頭が上手く働かない。

「だからだから! 私、北条沙都子は!他の誰でもない梨花が、今目の前にいる女の子の古手梨花が好きなんですのよ!!!」
「………………………………え…っと…」
「ほら! やっぱり梨花も気持ち悪いってお思いなんでしょう!? おかしいですわよね、同性を好きになるなんて。だから伝えたくなかったんですわ、梨花に嫌われたくなくて、梨花と離れるのが…、何よりも、こわく…」

 ――沙都子が、私を…好き? え、私今夢見てる、わけじゃないわよね…

「今まで冷たく当たってしまってごめんなさい、梨花が他の方と一緒にいるのが嫌だっただけなんですの。子供っぽいですわよね…気持ち悪いですわよね、親友だと思っていたモノに恋愛感情を抱かれていただなんて…嫌ですわよね、私の事…だから私」
「………」

 ――100年も思い続けて、諦めようとして諦めきれないその想い…伝わってるっていうの?

「何とか言ってくださいましな、梨花…それとももう私と話したくもありません、か…そうですわよね、ごめんなさ―」
「好き」
「…え?」
「私、沙都子の事好き」
「―――梨花?」
「好き…好き…、私、も……っ沙都子の事が……っ大好き…!!!」

 ――…夢じゃないわよね?ちゃんと私起きてるわよね…!ここにいる沙都子は本物よね…?!

「り、梨花ぁ? 私を思っての慰めだったら結構ですわよ……!」

 えぐえぐと泣きながら抱きついている私の言葉に反抗する。ああ…もうバカ、バカバカバカバカ!!!!

「どうして信じてくれないの…どうやったら沙都子は信じてくれるのよ!」
「ぇ、ど、どうやったらって…わ、私人を好きになったのが初めてで…あのっ」
「何よ! この期に及んでまた私の事弄ぶつもり!? 私だって人を好きになったのはあんたが初めてなの!」
「…ち、ちが…え? 私が初めて…なんですの?」
「そうよ! 私は貴方がいなければもうとっくに死んでいたわ! 毎日が退屈でつまらなくてどうしようもなかった!私が今の今まで生きてきたのは、他の誰でもない沙都子がいてくれたからなんじゃないのよ! どうして気づかないの!」
「…ふぇ!? …ぇっと、梨花は赤坂さんが好きなのではございませんこと…?」
「誰がそんな事言ったの? 私? 私はそんな事言ってない、あんな温泉刑事沙都子になんか全然及ばないわよ!」

 もう沙都子の言葉一つ一つ半狂乱になりながら答えるしかなかった。

「だって、だって…梨花…だって…」
「ああもう! 沙都子のバカ! 大バカ!! こんなにこんなに…あああーもうっ!!!!」
「り、梨花?」

 突拍子もない声で私の名を呼ぶこの愛しいアクマの頭を抑える。きょとんとした顔付き、ああもうなんでこんなに可愛いんだろう…!

「こうしたら、信じてくれる?」
「ぇ?梨―ンッ」

 唇を強引に押し付けるだけの、ムードのカケラもないキスをする。ある世界ではこれを無理矢理沙都子にしたら突き飛ばされたのよね…それを思い出して、どうか突き飛ばさないで欲しいと切実に祈った。ホント切実に。シュークリーム5個分くらい。頼むわよ!羽入!


 恐る恐る唇を離すと、祈りが通じたのか沙都子は俯いていた。

「さ、沙都子…どう…?私が沙都子をすきだって事…伝わった?」
「…え、えぇっと…あのその、えっと…」
「それとも嫌だった?」
「そんな!嬉しい、ですわ…とても、嬉しくて信じられませんのよ梨花」
「…私だって同じよ、まさかここでループというかもうなんかよくわからないけどとりあえず勝ち取れるなんて思ってもいなかったから」
「り、梨花の言っている事がイマイチ分かりませんけど、本当はこれは夢だったんじゃないのかってちょっと今は心配ですわ」
「これが夢だったら永遠に目覚めたくないわね…」

 沙都子が照れ笑いのような不思議な笑い方をする。つられて私も笑う。

「…えぇ同感ですわ。ですから確認したいのですが、よろしいのでございましょうか?」
「確認て、なに―」

 私が訪ねるか早いか、私の両頬に沙都子の両手が添えられる。ああ、気持ちいいな沙都子の肌はどこも…。

「私、梨花に触れるのが怖くて今までこうすることが出来なかったんですの」
「怖かった? どうして? 別に噛み付きやしないわよ、そりゃちょっとは今気が立ってるけど」
「…だって、触れてしまったら私」
「な、ん……ぅ…」

 さっきの唇を強引に押し付けるようなものではなく、ただ優しいだけのキス。

「…こういう事、したくなってしまって自分を止められそうになかったんですもの」
「沙都子…」

 沙都子ってこんな子だったっけ…どうしよ、可愛すぎる…。

「病院で暴れてしまってごめんなさい、怪我はありませんでしたか?」
「う、うん…それは別に…」
「もう、あのときから既に私は戻れないところまでいたのでございますわ」
「…え」
「私、梨花のこと誰よりも…好きですわよ」

 そう優しく微笑む沙都子は今までで見たことがないくらい美しくて、言葉すらも出なかった。改めて惚れ直してしまった目の前にいる少女が愛しくてもうどうにもならなかった。

「梨花、…あの」

 沙都子の口が私の名前を呼ぶだけで身体が疼いた。

「沙都子、好き…」
「ん、梨花ぁ…私も…好き、ですわょ…んむ」

 最初はちゅっちゅっと音がなるくらいの軽い口付け。次第にその口付けは濃度を増す。触れるだけだった手と手が絡みあいお互いの間にある距離を少しでもなくそうとお互いの頭、背中に腕をかき抱く。

「ぅ、ふ…んぅ…っ」

 ―くちゅり、と澄んだ水音が鳴る。
 お互いの口でお互いの口に隙間を作らないかのように唇を、下を、歯茎を、口内にある相手の存在を意味するものを貪った。息が荒くなってもその勢いは止まることを知らずまだ足りないと言わんばかりにお互いの唇を欲した。
 不意に梨花の左手が沙都子の背中をなぞる。

「んぅっ!?」

 ビクッと電撃が走ったかのように身体を強張らせる沙都子。

「どうしたの、沙都子」

 濃厚すぎる口付けをぷはっという息と共に止める。

「ど、…どうした…というのは…?」
「身体が跳ねたから、何か痛いところでもあったのかと思って」
「いえ、そんなわけではありませんの…ただ―」
「ただ?」
「り、………梨花の…その、あの…手が」
「私の手が?」
「気持ちよくて…その、えっと…私嬉しくて」

この子はどうしてこんなにも可愛いんだろう…いつもは強がりな女の子だというのに、こんな恥ずかしがっている姿を見れるなんて。

「嬉しい?」
「ええ…こんなにも、梨花に触れて欲しかったんだと実感していただけの事なんですのよ…」
「沙都子…」
「…って言ってしまってなんだか恥ずかしいですわn…きゃっ!?」

 強く強く沙都子を抱きしめる。

「ごめんなさい沙都子、今まで生きてきて私の想いを貴方に受け入れてもらえたのが初めてだから私どうしたらいいのか分からない」
「…梨花」

 100年も繰り返した中で試してみたのはたった一度だけ。でもその一度の失敗が怖くてもうそれを試すのが怖かった。沙都子が私に冷たくなるなんて考えたくもなかったから、もうこの想いは永遠に私の中で閉じ込めてしまうしかないんだって諦めてた。それでも跡取りのために沙都子より好きになれない誰かと結婚して子供を身篭って血を引き継いでいかなくてはならないんだと諦めていた。
 …でも、沙都子を信じていた。あの日、レナに言われていたように…。

「私、…沙都子がいなくなるのが怖かった…諦めないで、良かった…うぅっ」
「梨花? 泣いていますの?」
「な、泣いてなんか…って沙都子も泣いてるじゃないの」
「え? 本当ですわね…くすくす、これは梨花が泣いてるからですわ」
「どういう…?」
「梨花が笑ってくれるなら私も笑いますわ、ですが梨花が泣くなら私も泣きますわよ」

 ――なんなのこの子の可愛さは。今までよく誰も手を出さなかったわね…!

「今のうちに謝っておく、ごめん」
「え、ちょ…梨―」

 抱きしめながら沙都子を押し倒す。何が起こったか分からない沙都子の顔をじっと見つめる。

「…出来るだけ優しくするけど、私、止まらないかもしれない」
「…えぇ、肝に銘じておきますわ。今日という日を忘れないために―――」