「九十九里行こうぜ!」と決めたのに野●市事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年8月冒頭に起きた事件。巻き込まれたのはジョン幹事男とさわまろ(仮名)。



  • 概要
8月に入って三人で遊んでおり、午後二時頃にカラオケから出てふと誰かが呟いた。

「旅行きたくねえ?」

意味のわからないことに残りの二人が賛同し、「旅と言えば海」という理由からそのまま●戸川へ向かう。
そこで更に意味のわからないことに「こっちが東京湾だから……あっちが九十九里だ!」と誰かが叫び、残る二人が賛同。数時間走り続けたのち、ようやく幹事男が気付く。



「東京湾の反対ってことはさぁ…… 水 源 な ん じ ゃ ね ? 」



小学生でもわかる社会科に呆ける三人。夜七時を迎え野●市で途方に暮れる三人。世界タイトルを獲得した亀田に愕然とした三人。さっきまで「今度あのセブンのおねーさんレ●プしてやる!」とか意気込んでいた三人。

結果として5時間以上野●市を放浪し、再び九十九里への道を目指す二人。
しかしさわまろ(仮)は一人、

「帰りたい」

と言い出し、気分も萎えてしまったのでジョン幹事男も帰宅することに。
最後に某貝塚で早朝のひぐらしの鳴き声を聴き、旅終了。

総走行時間は半日以上に及び、この三人がどれだけ若かったかを暗示している。



ちなみに幹事男は現在、野●市の隣の市にある大学へバイクで通っている。総走行時間40分。





  • 関連項目