神の怒り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こげぱん。宅で鍋パーティーを行った際に起きた出来事。参加者はこげぱん。ジョン

当初白菜を鬼のように買い込み、白菜とモツのみの鍋という超チープな鍋だったのだが、途中からこげぱん。のオヤジさんが食材を提供してくれた。

そのあたりまではわいわい楽しい鍋パーティーだったのだが、ジョンが自宅から持ってきたカボチャを一気に鍋にぶち込んだことから事態は豹変する。

鍋の神様はカボチャを汚物かなにかだと考えたのだろうか、鍋の中の汁が一気に激流となって吹き上げた。

ジョンが狼狽してタオルを鍋のなかに投げ捨てるという意味不明な行動にでるも怒りは収まらず、汁はどんどんテーブルを侵食していった。


当時の事を話すと今でもこげぱん。はこう語る。

鍋パーティーにカボチャを持ってきてぶち込む意味がわからない―――と。