メニュー

用語集

コンテンツ

ツール

売上データ

運営




累計: -
今日: -
昨日: -

用語集 > 泣きシコ

概要

泣きシコは感動系作品を揶揄する言葉あると同時に
「感動オナニー作品=泣かせるように作られてる作品」のことを指す。

起源

元々は泣けるエロゲ・ギャルゲいわいる泣きゲーにおいて
泣きながらオナニーすること「泣いてシコシコ」の意味

売りスレにおいて

そもそもは感動系作品や葉鍵作品によくある池沼を出して泣かせる作品は元から売りスレでは評判は良くなく
同じジャンルで2011年春アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」が大ヒットした為に泣きシコという言葉が定着した。
ヒットしたもののスレ内では皮肉にもネタ扱いされる有様で、今もなおそれを馬鹿にしている人も多い。
ただし、当然こちらで評価が良くないからといって、それを扱ったアニメ全部が面白くないわけではないので安心を。

なぜ売りスレでこのジャンルの評判がかなり良くないかというと、
住民に萌え豚が多いうえ、人間関係での衝突といったシリアス展開がリアルに近い生々しさが多いためである。

そのため、
「感動を売り物にしやがって」
「下品」
「そこまでして売りたいですかね?」
などという意見があり、もはや売りスレ民のアイデンティティーを自ら否定するほど嫌われている

発言

『いぬのえいが』を視聴した伊集院光「あぁ、泣いたさ。だって犬死ぬじゃんかよ、あんなの犬飼っていたら泣くに決まってるじゃん。でも終わったら何も残んないし。」
これが典型的な泣きシコ作品と言える。

具体例

「あの花」最終回

Twitterなどでは「感動した」等の感想で埋め尽くされいる中、売りスレでは

ヲーーーーーーーーウィwwwwwwwwwwwwwwww
めんまーwwwwwwwwwwwww
出てこヲーーーイwwwwwwwwwwwwwww

で埋め尽くされたのであった。
それ以降売りスレでは実況で、感動的な展開があった際「○○出てこーwwwウィーwwwwww」というレスで埋まるのが恒例行事となっている。












更新履歴

取得中です。