メニュー

用語集

コンテンツ

ツール

売上データ

運営




累計: -
今日: -
昨日: -

用語集 > は爆


人人人人人:: :: :: :: /|::ト、:: :: :: :: :: :: :: \_人人人人人
        >:: ::/:::|::|..ヽ:: :: :: :: :: :: ::`,
.     は >:: /: : ';:|: : ヽ:: ::ト、::ト:: :: :|   >>1000
      が >:/: : : : | : : : ヽ::| ヽ| ';:: ::|    な
  爆  な >: : : : : :ヽ : : : ヽ!: : !: ヽく    ら
.     い >  : : : : 、::::ノ(: :|  /_ ',::}
  死    > >、  : : :〉:{'  ,/ ,、 ヽ|!
.  !!!    >!  ,、 `ーkゞ≧"  `'   〉
       ,>、 `' ノ|::  ` ヽ_,_,_, /`Y´`Y´`Y´`Y
´`Y´`Y´`Y´ヽ ` ___`,.-───-、ヽ u /ノ
        ヽ',  K_、_____ノ-ヘ  ∧
         ヽ |::::,、/: : : : : : : : Vヽ! / : :\
       _,.-'"', Y 弋_____ノ //: :  /:::::`ー-、_
     ,.-'"u|:::::::::::ヽ、、____//: : : /:::::::::::::::::/ ヽ
    /   |::::::::::::|  `)ー──'"´: : : : : /:::::::::::::::::/   ヽ

概要

「>>1000ならはがない爆死」の略。スレが>>1000に近づくと書き込まれる。
派生形として「はばく」「はばくーっす」等がある。

はばくの「は」にあたる「僕は友達が少ない」(略称はがない)は、作・平坂読、イラスト・ブリキのライトノベル。
アニメ化発表よりも前より、販売数が1巻あたり25万部という、ラノベとしては驚異的な数字であったため、
アニメ化発表後は、11年秋アニメの覇権候補として、売りスレでは同年春頃より注目されており、
同じMF文庫原作のIS(累平33000級)や、ラノベ原作で同じAIC制作の俺妹(累平23000級)が、ラインとして設定されていた。

だが原作信者の過剰なプッシュと裏腹に、キービジュアルが発表されたときの絵柄の再現性の低さ、
色彩の安っぽさなどを理由に、徐々にはがないアニメは売れないと囁かれるようになり、
結果、スレが>>1000に近づくと、どこからともなく「>>1000ならはがない爆死」と書き込まれる事態が頻発した。

その後、上記のルフィAAを利用して書き込む者や、「千は爆」と略して書き込む者が出現し、「は爆」は売りスレに定着。
彼らは圧倒的なスナイパー精度で1000レス目を獲得し、「は爆」を売りスレに浸透させていった。

そして、放送開始後、第1話放送+登録ブーストでAmazonランキング上位を全巻で独占し、
売りスレの逆神っぷりが発揮されたかのように思われたが、
毎週放送される毎に、演出・脚本・作画・音楽・声優とあらゆる要素において不評を買い、
新規には何が面白いのかとそっぽを向かれ、原作信者からは見放されたからか、Amazonランキングを最低300位台まで落とし、
売りスレが推したアニメは爆死すると言われたなかで、「は爆」は的中したと語られるようになった。

ちなみに、実際に出した数字は、1巻が10000枚を超える程度で、アニメ全体から見ればなかなか売れているものの、
原作の部数や、広告戦略を考慮すると物足りないという、なんともいえないもので、
コメントに困ると多くの売りスレ民を困惑させると同時に、
同期の売りスレ期待外れ枠「ギルティクラウン」に、1週目で勝ち2週目で負け累計で勝った流れから、
はがクラ」と一緒くたにされ、今後どちらが勝つのかが注目されるようになっていった。

そして、2巻は初動から10000枚を超え、以降の巻も順調に2週目で10000枚を超えていき、
3ヶ月延期に加えて発売翌週も発売数が多く苦戦するとみられた最終巻も何とか10000枚を超え、
ライバルのギルクラが右肩していくなかで、精鋭が買い支えていった安定神として密かに注目されていった。

2期の放送も決定し、ギルクラへの勝利を決定づけたが、
少しであるが絵柄のどぎつさが改善されたので、今後の動向に注目したい。

ちなみに、累平は11111と、大変キリの良い数字へと落ち着いた。

はばくからの派生

はがないの放送が終わり一段落した以降も、
ニャル爆(ニャル子さん爆死)、ゆる爆(ゆるゆり爆死)、じょしばく(じょしらく爆死)
など派生型が現れ、>>1000取りを賑わせていたが、どれもはばくほどのインパクトはないためかすぐ消えることが多かった。
しかし2014年春、新たに「魔法科高校の劣等生」ことしばく(司波さん爆死)、「メカクシティアクターズ」ことじばく(じん(自然の敵P)爆死)がはばくの後継者扱いされている。
彼らもまたラノベでは高い原作力を持つ存在として期待されていたものの、原作相当の売上には程遠く、期待外れな結果になったために、はばくと同様の扱いとなっている。

>>1000とりのライバル


関連項目:
雪さん
はがクラ
オニ



更新履歴

取得中です。