メニュー

用語集

コンテンツ

ツール

売上データ

運営




累計: -
今日: -
昨日: -

用語集 > 3ロボ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3ロボ【さんろぼ】
ロボ三連星、三連星と言う人もいる。

概要

3ロボとは、2013年春シーズン放送開始の下記オリジナルロボットアニメの総称である。

作品名 話(クール)数 制作会社
革命機ヴァルヴレイヴ 全24話(分割2クール[ 春 ][ 秋 ]) サンライズ
翠星のガルガンティア 全13話(1クール) プロダクションIG
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 全24話(2クール) 動画工房 × オレンジ

各作品概要

ベクトルは違うものの、3作品どれもオリジナルで、「これ賭け」状態のアニメとなっている

革命機ヴァルヴレイヴ

  • サンライズ+アニプレ
  • 分割2クールで、円盤は1巻2話収録の全12巻 
  • 声優&スタッフに超有名どころを大量投入、OPも西川&水樹の有名アニソン歌手のコラボ
  • 初代ガンダムやガンダムSEEDを踏襲したかのような大筋
    (3ロボ内で唯一民間人の主人公日常回からスタート、紛争に巻き込まれてロボに乗り非日常へ)
  • 制作側から「 間違いなく歴史に残るだろうロボットアニメの一大傑作です。 」「種超え宣言」などの発言あり
  • 設定考証:三輪清宗
    • 代表設定考証「レンタルマギカ」
    • 本業はTTRPGのデザイナーらしく、オカルト方面に相当詳しい。
    • 放送前は「間違いなく歴史に残るロボアニメ」「監督の素晴らしき演出」
      「緻密で大胆な設定」「絶品」と大風呂敷を広げてた。
  • キャッチコピーは「 世界を暴く

翠星のガルガンティア

  • IG+バンダイビジュアル
  • 1クール(13話+OVA数話)、円盤は1~4話+OVA1話収録のBOX形態、全3巻で構成
  • 元ジブリ出身の村田監督+シリーズ構成虚淵コンビによる、海洋冒険SFアニメ。
  • キャラクターデザインは「快楽天」などで有名な鳴子ハナハル氏
  • 主人公はエリート軍人(少尉)だが、とある事情で作品のタイトルにもなっているガルガンティア船団に漂着する
  • キャッチコピーは無いものの、監督曰く「ボーイミーツガール」
    虚淵「 最初に10万人くらい殺しといたんで、あとはハートフルです 」「 たまには明るい脚本もイイヨネ!!
  • 設定考証:小倉信也
    • 絵が描けるアニメタ設定屋。プラネテスでJaxaを唸らせた。
    • 代表設定考証「プラネテス」「エウレカセブン」 「ガンダムUC」
  • アニメコンテンツエキスポで1&2話BD先行無料配布、最新話を先行イベント上映など、
    宣伝活動が中身重視寄り

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス

  • 動画工房×オレンジ+東邦
  • 2クール24話、円盤は1巻3話収録の全8巻
  • 監督は元永慶太郎、シリーズ構成・脚本に吉田玲子
  • キャラクターデザインは「ガンダムSEED」「ガンダムSEED DESTENY」の平井久司
  • 主人公達少年少女5人組(新任少尉)の「チームラビッツ」の活躍を描く
  • 設定考証:鈴木貴昭
    • 話が書ける脚本家設定屋。軍事ネタに強く、ストパンの膨大な世界設定を一から考えたのはこの人
    • 代表設定考証 「LAST EXILE」「ソルティレイ」「ガン×ソード」「ストライクウィッチーズ」「ガールズ&パンツァー」
  • キャッチコピーは「 ザンネンだっていいじゃない
  • 3ロボのうちで、最多放送局数を誇る


売りスレでの期待と扱い

放送前

オリジナルのロボット物が偶然にも3つ被り、これ賭け度が高い為、「3ロボ」と纏めて期待されている(爆死を!?)

3爆神3死体、のように、爆死を3作品全部するとは思われていないが、
ロボットものは元々製作コストが高いのと、さらには声優やスタッフが著名どころばかりなど、
成功のラインが高く設定されている為、売り上げ枚数が注目されている。

放送後(4話放送まで)

革命機ヴァルヴレイヴ
略称は「VVV」「ヴヴヴ」「ヴァイヴ」など言われており、いつまで経っても統一しない。
放送開始が一番遅く、制作側の事前広報活動がシリアスロボットものの雰囲気で推していたのだが
放送開始され、蓋を開けてみると中身は一転して考察不要のつっこみ所最多のアニメと化し、
売りスレでは1~2話の時点でギルティクラウンの後継とも言われ始めており
監督自ら「 砂場アニメです 」との発言と、3~4話の展開が駄目押しとなった。
主人公よりも、ライバルのエルエルフが1話から「お前はハムエッグを~」の件で人気(ネタ的にも)となり
放送後は反省会を開く事が増えるようになった。3ロボの中で一番売りスレで話題に出される事が多い。

翠星のガルガンティア
略称は「ガルガン」
先行BD配布と中身の出来が手堅く質重視の作りの為か、3ロボ内部で一番最初に話題となった。
以後、3~4話も順調に堅実な作りで、3ロボ内ではアマゾンランキングTOP
(今期オリジナルアニメでもTOPクラス(常時100位以内)入り)となっている。
キャラクターデザインが鳴子ハナハル氏の為、女性キャラがブヒ層に受けており、特定のキャラは
ハナハル氏がよく表紙を務める雑誌の名前を取って「 快楽天ちゃん 」と呼ばれる。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス
略称は「マジェプリ」
とりわけ目立った広報活動はしてないものの、キャラクターデザインが今風でないせいなのと
監督の演出手腕が微妙なお陰で、1話から「微妙」「でんでん現象」との判断を受ける。
が、1話で評判の底を付いたのか、2話からは毎回見せ場のあるロボット戦を作り、徐々にだが評判を上げつつある
(アマゾンランキングも3作品内で最下位だが、右上がりを見せている)
現時点ではロボ戦の評価が良い。

1クール終了7/1時点での扱い
イベチケ
度重なる流出
ニコ動他一挙放送
無料配信
新聞一面広告
これ賭け関連商品
ツイッター泣き落とし

放送後(総評:1巻発売まで)

革命機ヴァルヴレイヴ
巻数   初動     2週計   発売日
     BD(DVD)   BD(DVD)
1巻 5,419(2,206) 6,089(*,***) 13.06.26 ※合計 8,295枚
敵に襲われたのでコロニーごと脱出、月に向かう途中で学園全滅 という1行で説明可能な薄すぎるストーリー展開
広げた超展開の風呂敷を畳まないまま終わり、秋の2クール目へ
1巻初動が7,625枚と、かなりのこれ賭けだったのに売れず、続巻も大幅に右肩して失敗に終わった

  • 参考 ヴァルヴレイヴOP
    • Preserved Roses
      T.M.Revolution×水樹奈々
    • 初動売上 115,074 / 累計売上 170,592
計算上、CD購入者の5%以下しかメディア購入していない事になる
売りスレではあまりの酷さに反省会すら開かれる事も無くなり、ビビパン以下との評価に落ち着いた。

翠星のガルガンティア
巻数   初動     2週計   発売日
     BD(DVD)   BD(DVD)
01巻 8,956(-,---) 9,307(-,---)  13.08.28 ※合計 9,307
ニトロの脚本家を多数起用したせいで、キャラ設定がブレ、7話以降のシリアス欝展開で評判を落としたものの
11話である程度まで持ち直し、最終話は王道の展開でストーリーを纏め上げて終了
尼ランも反映時には即全巻50位以内に逆戻りという神回っぷりを見せた
売りスレでは尼ランを落とした時には反省会が多く開かれる事となったが、尼ラン上位に帰り咲いて
売りスレ民が手の平を返す事となった。
春アニメの中で最も遅い発売日で、1巻初動が8,956枚と、3ロボ内では筆頭であるものの
万超えできず今ひとつ微妙な売り上げとなった

銀河機攻隊マジェスティックプリンス
巻数   初動     2週計    発売日
     BD(DVD)   BD(DVD)
01巻 2,615(*,540) 3,334(*,***) 13.06.21 ※合計 3,874枚
地味なストーリー展開のまま1クール終了、総集編をはさみ2クール目へ
結局ロボ評価が良いだけで放送開始時の評判のまま総集編を放送して1クールが終わる。
1巻初動が尼ラン常時下位のデビルサバイバー2にも抜かれ
売りスレでは話題を出す事が死体蹴り扱いにされる事となったが
続巻の売り上げは数字は低いながらも安定している模様
(但し、ロボ戦周りの描写が良い為、ヴヴヴよりは扱いと評価がマシである)

最終的な売上

○革命機ヴァルヴレイヴ 【全6巻】 
  • 余りの酷さに夏以降のアニメに視聴層を食われ、イベチケとの格差もあって半減に近い右肩となる。
  • 累平:*5,689
巻数   初動     2週計   発売日
     BD(DVD)   BD(DVD)
01巻 5,419(2,206) 6,089(*,***) 13.06.26 ※合計 8,295枚
02巻 4,460(1,421) 4,966(*,***) 13.07.24 ※合計 6,387枚
03巻 3,413(*,922) 4,089(*,***) 13.08.21 ※合計 5,011枚
04巻 3,659(1,032) 4,056(*,***) 13.09.25 ※合計 5,089枚
05巻 3,379(*,888) 3,890(*,***) 13.10.23 ※合計 4,778枚
06巻 3,579(*,994) *,***(*,***) 13.11.25 ※合計 4,573枚

○翠星のガルガンティア 【BOX全3巻】
  • 終盤~最終回が好評で安定した売上を叩き出す。2014年ブラウザゲー&PCゲー決定
  • 累平:*8,936
巻数 初動 2週計 発売日
01巻 8,956 9,307 13.08.28
02巻 8,129 8,560 13.09.25
03巻 7,823 8,942 13.10.25

○銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 【全8巻】 
  • 安定してはいるものの低空飛行に終始した。3DCGゲーム化予定中
  • 累平:
巻数   初動     2週計    発売日
     BD(DVD)   BD(DVD)
01巻 2,615(*,540) 3,334(*,***) 13.06.21 ※合計 3,874枚
02巻 2,980(*,***) 3,444(*,***) 13.07.26
03巻 2,767(*,***) 3,305(*,***) 13.08.23
04巻 2,731(*,***) *,***(*,***) 13.09.20
05巻 2,973(*,***) 3,403(*,***) 13.10.25
06巻 2,641(*,407) 3,274(*,***) 13.11.22 ※合計 3,681枚
07巻 2,695(*,***) *,***(*,***) 13.12.20
08巻 2,888(*,449) *,***(*,***) 14.01.24 ※合計 3,337枚


ロボの祭典、再び

2014年4月からの春クールで下記6作のロボアニメが集中し、まさかの6ロボが誕生する。
去年同様、ロボ以外にも有名な作品が多数揃っている為、かなりの激戦が予想される。


更新履歴

取得中です。