メニュー

用語集

コンテンツ

ツール

売上データ

運営




累計: -
今日: -
昨日: -

用語集 > オーラ

売れる作品がまとっていると言われる「売れるオーラ」のこと。
受けそうな萌え版権などがあったりすると「オーラあるな」などと使われる。

「オーラ」という言葉が流行りだしたのは08年夏。
「TO LOVEる-とらぶる-」がこれまで売りスレで散々な評判で、アマゾンランキングも低調だったのに対し、
いざ発売されるとまさかの店頭型で、1巻が万越えを達成した。
数字が出た後は売りスレ民は手のひらを返し、放送されるたびに「オーラあるな」「オーラあるな」とネタで言うようになった。

このようにネタ的な意味合いで最初は使われていたが、
最近はネタではなく、本気で売れそうなアニメに使うことの方が多い。

一時期、放送前作品の版権絵を上げて「オーラ判定」というフレーズを添え、
スレ民にオーラを判定して貰うことが流行っていたこともある。

更新履歴

取得中です。