メニュー

用語集

コンテンツ

ツール

売上データ

運営




累計: -
今日: -
昨日: -

用語集 > フジテレビ

略称はCX。 

全日帯では、9時から一時間の「アニメ9」で、現在「ドラゴンボール改」「ワンピース」を放送。
日曜6時からは「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」が10年以上続いている。

「家なき子レミ」を最後に長い中断期間があった「世界名作劇場」については、
07年に「レ・ミゼラブル少女コゼット」がBSフジにて再開。
08年に「ポルフィの長い旅」、09年に「こんにちはアン」を放送するが、現在再び中断に入った模様。

深夜枠では、02~04年におびただしい数の新作を放送。
しかし、途中話数での打ち切り、突然の放送時間変更、二話・三話連続放送などが相次ぎ、
当時の放送体制に対する批判は多い。

途中話数打ち切りに関しては、同局の山本幸治プロデューサーによると、
本来フジテレビの放送枠は1クール全11話、2クール全22話なのに、
ビデオメーカー側がそれを越える話数の企画を持ち込み、
それを受け入れていたから、ということである。

このことへの反省を踏まえ、テレビ局が主体となって深夜アニメを製作していくという方針に変更。
05年に木曜24:35からの「ノイタミナ枠」を設立。(後に木曜24:45からに変更)
深夜アニメという枠を越え、深夜番組の中でもかなりの高視聴率を獲得することがある。

一方、05年から土曜深夜枠があったが、08年春・夏の「二十面相の娘」をもって終了し、
08年秋から水曜深夜に「NOISE」枠を設立。しかしこれも09年夏に終了。
10年春からは「ノイタミナ」枠が1時間枠に拡大されることとなった。

作品の傾向として、美少女ものを扱うことはかなり少ない。
いわゆる質アニメよりの作品を製作することが多い。
「ブレイブストーリー」「カラフル」「ホッタラケの島」など
一般を意識した大作映画に挑むことも多いが、結果は・・・

所属プロデューサーは、松崎容子、情野誠人、山本幸治など。

更新履歴

取得中です。