地形

地形
プレイヤーを飽きさせないため、リアリティを出すためには地形を変える必要があります

マップ
  • オークの森…ヨーロッパや北アメリカのシナリオを作る際に重宝。
  • ジャングル…熱帯雨林の木。AoCでは中南米でしか活躍できない。
  • ヤシの砂漠…ヤシの木。アラビア半島、中東、エジプト辺りで重宝。
  • やせ地1…草原が下地のときは道としても利用可能。
  • やせ地2…草原3に似ている。道としては微妙。
  • 砂漠…ヤシの砂漠とセットで。当たり前だが砂漠の登場するシナリオで活躍。
  • 松林…基本的に寒い所で活躍。アジアシナリオで竹林と混ぜて使うといいかも。
  • 森…不明。オークの森と激似。
  • 水域-深み…沖合いで使う水。
  • 水域-浅瀬…浜辺で使う水。
  • 水域-普通…沖合いと浜辺の中間で使う水。
  • 雪…もちろん寒い地方で活躍。水と接する場所は自動で氷になる。
  • 雪-松林…雪に竹林が混ざった地形。葉に雪が乗っているなど、少し細かい。
  • 雪-草原…雪と草原のコラボ。程よく混ざっている。
  • 雪-土…雪と土の混合地形。モンゴル、中国北部辺りが最適か。
  • 浅瀬…水域-浅瀬とは違い、船だけでなくユニットも通行可能。至るところで活躍。
  • 草原1…基本な地形。大体のシナリオではこれが下地になる。
  • 草原2…草原1よりも緑。ちょっと目立つ。
  • 草原3…やせ地2の草原ver。草原1と混ぜるとそれらしく見えるかも。
  • 竹林…アジアシナリオに最適。ヨーロッパには…。
  • 道…石造りの道。ローマの街道的なもの。
  • 道-壊朽…「道」の色が悪くなって、所々石がはがれた道。
  • 道-雪…道-壊朽に雪が積もった。廃墟などで重宝。
  • 道-苔…道-壊朽に苔が生えた。同じく廃墟などで使える。
  • 氷…その名の通り。北欧のシナリオで海に浮かべて流氷にしたりするのもいい。ちなみに建物は建てられない。
  • 落葉…そのまんま落葉。いろんな所で使う。

高さ
高さ1~7まである。使いどころが難しいが、うまく使えばよりリアルなシナリオを作ることができる。
画面設定(?)を「低」にしてあると段差がぼこぼこになります。「中」以上を使うことで滑らかな坂になります。

慣れるまでは使いにくい。崖の部分はユニット通行不可になります
ちなみに「ユニットの削除」で崖を削除できます。というかユニットの削除じゃないと消せないような……

マップのコピー
便利だけど、 使うとたまにAoCが落ちるので、使う前に保存しておくことを強くお勧めします。
どうもコピーする範囲がマップ外にはみ出るとAoCが落ちる模様。マップぎりぎりで使うときは慎重に。

消去
「ユニットの消去」と「建物の消去」。選択した場所のユニットか建物だけを消去することができます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。