効果

効果

そのトリガが有効である時、どのような効果を生み出すかを設定します
オブジェクトやユニットの状態を操作するトリガはエリアを広くしすぎるとAOC落ちしたりするかもしれません



外交姿勢の変更
ソースプレイヤーがターゲットプレイヤーに対して取る外交姿勢を変更する事が出来ます
外交姿勢の固定にチェックが入ってない時のみ有効です

テクノロジーの研究
ソースプレイヤーはテクノロジーを研究しちゃいます。
ステータスや名前が変えられたユニットは研究が適用されません

チャットの送信
ソースプレイヤーにチャットが送られます。<COLOR>は使えない様子

サウンドの再生
おそらくソースプレイヤーのPC上でサウンドが再生されます

貢物
ソースプレイヤーからターゲットプレイヤーに貢物が送られます
ソースプレイヤーが地の女神なら無限に送れます
ソースプレイヤーが所持している数を超えた数値はどうなるのやら…


門を開ける、閉ざす
そのまんまです
門をちゃんと指定するよう気をつけましょう


トリガを有効に、無効にする
文字のとおりです
一度有効になり無効にされ、また有効になったトリガのタイマーはちょっと不思議な事になります

AIスクリプト ゴール
カスタムしたAIに指令を送りたい時に
AIの都合上シングルモードのみ活用されます

オブジェクトの作成
ユニットや建物、英雄をソースプレイヤーの所持するものとして作成します。

地点にユニットがいる場合は作成されませんので
ボスキャラなんか出したい場合は、出す座標のユニットを削除するような効果を先に組んでおかないと悲しい事になります


オブジェクトに仕事を与える
オブジェクトの指定orエリアの指定をした後、地点の指定をする事で
オブジェクトかエリア内にいるユニットが地点へ行きます。

オブジェクトとエリアは同時には指定出来ません

  • オブジェクトを指定→オブジェクトに移動→地点を指定→地点に移動
  • ソースプレイヤーを設定→エリアを指定→エリアに移動→地点を指定→地点に移動

のどちらかのかたちを取る事になると思います

勝利宣言
ソースプレイヤーは勝利します。
連合勝利にチェックしていてもそのプレイヤーしか勝利しません
プレイヤー1,2,3を勝利させたいときは
一つのトリガ内に3つの勝利宣言の効果をつくり、ソースプレイヤーを1,2,3と設定します

オブジェクトを倒す
建物など一部倒れないものもあります

ユニットが悲鳴をあげて死にます
地の女神のインコや鷹などを倒すと……


オブジェクトを削除
オブジェクトが消えます
エリア指定ならソースプレイヤーのオブジェクトは消えます
視界がどうなるかは覚えてないです

ビューの変更
ソースプレイヤーは指定されたマスが画面の中心になるように画面を移動されます
トリガミスや過度な設定でAOCが落ちる原因になりかねない・・・

下船
オブジェクトに仕事を与えると同じ用法かと思われます
トリガで下船させたい時に使う感じですね
何かに船がひっかかって止まってしまうと切なくなるので注意

所有者の変更
ソースプレイヤーが所有する指定されたオブジェクトやエリア内のやつらを
ターゲットプレイヤーのものへと転向させます
たまにバグって指定が厄介になる事うけあい

巡回
オブジェクトが指定された地点を巡回するようです

説明を表示
入力したメッセージが全プレイヤーに表示されます。
番号は、まあ使ってみれば直感的に分かります。メッセージの出る位置(0,1,2)です
メッセージの最初に
<BLUE>,<RED>,<GREEN>,<YELLOW>,<AQUA>,<PURPLE>,<GREY>,<ORANGE>のどれかを入れると
表示されるメッセージが対応した色に変わるようです


説明を削除
指定された番号の説明が消えます

ユニットをフリーズ
指定したユニットは非戦闘態勢になります。
エリアを指定する場合はソースプレイヤーも指定すること
ソースプレイヤーのみ指定すると若干まずいかもしれません
オブジェクトグループ、オブジェクトの種類、オブジェクトリストを活用するといい場面があるかも

詳細ボタンの使用
こ、これは・・・チュートリアルでも作ればいいんでしょうか

オブジェクトにダメージを与える
指定したオブジェクトはダメージを食らいます
エリアならもちろんソースプレイヤーも指定

土台を築く
指定した建物の土台がソースプレイヤーのものとして作られます

オブジェクト名の変更
指定したオブジェクトの名前が変更されます。
長いとはみ出ます

オブジェクトのヒットポイントを変更
指定したオブジェクトのヒットポイントが以下略
65536から一定数引くと、引いた分だけが減ります
HP100のユニットをHP250のユニットの外見で作りたい時
65536-150の65386を指定します

オブジェクトの攻撃力を変更
以下略
65536から以下略

ユニットを停止
ユニットがストップ命令を受けます






*おおざっぱなので徐々に修正などしていただけるとさいわいです
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。