ワールドセクション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



【東部・ガイスト共和国】

  • キャンペーン開始の冒険の舞台。
 四季を持ち、温暖な気候が特徴。人が住み易く女神の加護も強い為に魔族の数も少ない。
 共和国の名をとっているが実際は連邦国家で(未定数)の国による連邦国となっている。
 東、海に面する位置の中央にある『イストリア・ガイスト共和国』が最大規模の国家であり、ガイスト共和国の中央的存在となっている。
 長く平穏な日々を見せていたが、現イストリア王の体調は思わしくなく、現在予想よりも早く後継者争いが始まっている。
 しかし後継資格を持つ男子は軒並み後継者としての能力には不安が残り、賢王と呼ばれた王の資質をもっとも多く受け継ぐといわれる姫はまだ若く、そして女性故に後継資格を持たない。
 今、ガイスト共和国およびイストリアは後継者問題で問題を抱えている。



【北方・ノーザ帝国】

  • もう1つの大きな舞台予定。戦記キャンペーンにおけるガイスト共和国の仮想敵国。
 ガイスト共和国の北西に位置する、山岳に閉ざされた北の大地を帝政にて統治する軍事国家。
 肥沃な土地を持つガイスト共和国とは長く冷戦状態だったが、現イストリア王の病状や有力な後継者が居ない事によりついに開戦するのでは、と両国の市民の間で噂されている。
 帝国はつい最近、王位簒奪が行われたばかりであり(この国では珍しく無い、実力が全てであり、力の在る者に軍部は従う)、先王を殺害したのは先王に父(その前の王で先王の兄)を殺された元皇子。
 長らく帝国から失われていた「至宝・ノーザンクロス」に選ばれた勇者であるが、まだ少年。
 従兄弟であり殺害された先王の実の息子である現ノーザ帝国将軍の後ろ盾もあり(実父殺害となる王位簒奪にすら協力した)現皇帝と軍部の協力体制は万全。
 ノーザンクロスに選ばれた勇者は軍を率いて民の為にガイスト共和国侵攻を開始する。


※あくまで参考画像。

黄枠がイストリア国。
紫が共和国各国。
赤枠がノーザ帝国。ただし大体のイメージ。モザイク部分は未定区域。
この地図はAliceSoft・鬼畜王ランスよりお借りしております。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。