メタリックガーディアン・荒廃未来編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2XXX年。
世界は崩壊した。



■ワールド説明
 ボトムズとメタルマックス、それにフォールアウトと北斗の拳。あとザブングルにトライガン的な世界感。
 スパロボではなく、ロボはみんな「旧時代の兵器」です。

  • テーマ曲はコレで。 THE BLUE HEARTS-すてごま



■ワイルダネスジェネシス
 過去歴XX年。
 世界は崩壊した。

 そして新歴XX年
 人々は暦を数える余裕を無くしていた。
※つまり適当でOK。地域ごとに差もあるだろうし、きちんと記録してる一派も居る筈。

 ステージ:ワイルダネスジェネシス。
 それは崩壊後の星を舞台にした物語。



 前世界はコンピューターの反乱により、終焉を迎えた。
 溢れる戦闘兵器、戦争の連鎖と環境破壊、資源の枯渇。
 それらを終結させるべく、某大国Aが超人工知能「デウスエクス」を作り上げる。

 当初は全て上手く回っていた。
 Aの支配による、しかし戦争の終結。環境修復の為に新分野の研究、および代替資源の開発。
 しかしデウスエクスは暴走した。
 そこに人為があったのかは定かではない。A国も含む地球上すべての国家に対し戦闘行為を開始。世界中の最新兵器や新技術の数々は全てデウスエクスの管理下に置かれ、そして降り注ぐミサイルの光に包まれ、世界は終了した。

 そして過去歴は終わり、新歴が始まる。

 崩壊した世界で、人々は生き延びていた。
 デウスエクスと接続の無かった、もしくは早くに接続を断ったシェルターやアーコロジー。そして地下に、地上の廃墟に住む人々。
 しかしその世界にはデウスエクスの作り出した、戦争の遺産。機会兵器群のみではなく、存在の理由すら疑われるバイオ兵器、独自に発展を遂げたミュータント、そして無法の土地で徒党を組む悪漢達が闊歩していた。

 人々は前時代でも一つ型遅れであった「デウスエクスに頼らない兵器」である「ガーディアン」を利用し、その世界で生きていた。



□変更事項
  • ガーディアンは大きくても10m以下。最低サイズに変更は無い。XL等のルールの変更は無い。
 ただしそのガーディアンサイズはすべてPCにのみ適応される。GMはその制限に従う必要は無い。
  • 世界感が世界感なので、ファンタズムを使う場合は上手くすりあわせて下さい。基本的にそのまま扱うのは非推奨。スーパーは軍がワンオフで作った独自兵器みたいな感じで行けると思う。
  • 加護は「独自の隠し技」的な物でシャードとか奈落とか特に関係無いです。



□舞台的な話。
  • 残った物資の奪い合いが激化しています。
  • 物資を街から街に運ぶ「トレーダー」というグループがあり、基本的にトレーダーを襲えば即賞金首になります。
  • ごく一部、大きな街には「ファクトリー」と呼ばれるいわゆる物質合成機が残って居ます。電力や物質の再構成などを行う物で、当然野党とかに超狙われます。持ってる所は大抵大組織です。
 ファクトリーには性能差があり、水だけであったり兵器関係だけであったりする場合もあります。
  • ガーディアンを所持する事に資格は無いですが、それで賞金首やモンスターを退治した場合に賞金を支払ってくれたりガーディアンの整備などを斡旋してくれる「ハンターオフィス」というグループがあります。
 オフィスに登録すれば、ハンターとして様々なサポートを受ける事が出来ます。
 賞金首を倒す事で賞金を受け取る資格。また「今週のターゲット」等の賞金を得る資格。ガーディアンの整備の為の斡旋、新装備購入の為の紹介など。ガーディアンを持ち、犯罪を犯すつもりが無いのであればハンターである事はマイナスにならない。※特にノルマなどは無い為。
 一部の規則としては、ハンターであっても非道を行えば「賞金首」になるという事。情報はオフィスが握っているので大抵の場合は逃げられない。
  • 世界には無法者や暴走、または人殺しマシーンの他にも、奇妙なミュータントが溢れている。「地雷モグラ」等。その中でも親玉的な物は賞金首になっている事も少なく無い。
  • 人類に空の自由は無い。雷雲、磁気嵐が吹き荒れ、そして大空の覇者である「ミュータントモンスター」や「人の手を離れた対空兵器」がいつ襲ってくるか分からない。(飛んでると、超強力モンスターに襲われたり、地面から所在不明だったミサイルとかが飛んでくるので、長距離飛行は自殺行為)



□組織
【ハンターオフィス】
 人類に敵対するモノをハンティングする人間達をサポートする団体。
 某大型シティに本部が存在し、人類の最後の砦とも言われている。
 営利団体に見えるし、実際利益も上げている。(ハンターの持ち込んだ遺失テクノロジーを買い取ったり、それを利用したり等)
 しかし、その実態は「デウスエクス」と同系列として作られた人工知能「メフィストフェレス」により統括されている。
 しかしその事実を知るのはハンターオフィスのナカでも極々一部の人間のみであり、必要であれば「ハンターオフィス長・ファウスト」が表に立っている。
 なおこのファウストはメフィストフェレスおよびデウスエクスの開発者の1人であり、サイボーグとクローン技術を駆使し、代替わりしながらも行き伸び続けている。
  • モデル
 メタルマックス・ハンターオフィス

【デウスエクス】
 ご存じ、人類に半期を翻した超人工知能様。大体想像通りだと思う。
 前時代のある時期以後の平気は全てネットワークに繋がっていた為に、ほぼ全てデウスエクスに掌握され、酷い事になった。
 今も、工場などを掌握し兵器を作り続け、魔改造を繰り返し、ミュータントを作ったり、野に放ったりしている。
 既に効率的行動が取れなくなっているのは、前大戦の最後に何かあってエラーを起こした為とも言われる。
 本体の所在は不明だが、分体と呼ばれる末端が各地に存在しているらしい。
  • モデル
 メタルマックス・ノア 2001年宇宙の旅・HAL9000

【バンデッドカンパニー】
 この世界のある地域で活動する「ならず者」
 しかしその影響力や活動範囲が広く、幹部達は高い賞金がかけられているにも関わらず、未だ誰1人討伐されていない。
 その裏にはデウスエクスが関わっており、分体の一つであり、当時デウスエクス開発者だった人間と融合した存在が首領として君臨している。「人類を苦しめる為の形」の一つ。
  • モデル
 メタルマックス・バイアスグラップラー、冷血党
 トライガン・ナイブズおよびガン・ホー・ガンズ

【ザ・ロウ】
 元大国の軍事組織。人類の人類による、人類の為の世界を取り戻そうとする、対デウスエクスとしては最大勢力とも言える。
 しかし過激な思想を掲げ手段を選ばない事も多く、周囲との折り合いは悪いオンリーワン組織。
 新ガーディアンなどの開発もしているが、外部には漏らさない。
  • モデル
 Fallout・ブラザーフッド
 ザブングル・支配階級イノセント

【シティ1】
 独自自治を強いている、元々その地区の豪商だった人間が取り仕切っている、その商人のファミリーを頂点とした都市。
 ハンターオフィスとは商売の為の取引をしているが、自衛の為の戦力は自前で揃えている為に、独立意識が高い。
 前時代の特機「ジャイアントナントカ」(※基本ルール通りのスーパー系)がその防衛の要。超強い。(※2~10倍ダメージを出す)




  • テストテスト。疑問とかあったら適当に追記するんでココに書いといてー。 -- もりさき (2013-04-04 21:57:33)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。