荒廃未来編・第2話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■今回予告
 ニールディル。そこにはかつてレース場と呼ばれた場所を利用した『バトリング場』があった。
 ガーディアン同士をぶつけ合い、戦わせる賭博が主産業であるその街、本来ならば自分達から関わる必要のない場所であった。

 だがしかし――。

 メタリックガーディアン・荒廃未来編第2話
 『赤と黒』
 今回も地獄に付き合って貰う。

■ハンドアウト
【Aサイド】
 機体の整備で街に残って居た君達。休憩がてら酒場で飯を食っていると騒ぎが起きていた。
 ガーディアン乗りを探しに来た、という1人の少女が暴漢に絡まれていたのだ。
(GM的に出来れば見捨てないで助けてくれると先の展開が凄い助かるので、そうして貰って) 
 だが口先ばかりの詐欺師同然の男など、本当のガーディアン乗りである君達にとって物の数ではない。

 その少女、カーマは君達に礼を言い、そして仕事を一つ頼まれてくれないかというのだった。
「ガーディアンで戦って、わたし達の町を助けてくれませんか」――と。

【Bサイド】
 必要な物の買い出しも含め、トレーダー達の所に顔を出していた君達。
 同じように買い物に来ていた少女が、暴漢に絡まれていた。
(GM的に出来れば見捨てないで助けてくれると先の展開が凄い助かるので、そうして貰って) 
 だが口先ばかりの詐欺師同然の男など、本当のガーディアン乗りである君達にとって物の数ではない。

 その少女、ノワルは君達に礼を言い、そして仕事を一つ頼まれてくれないかというのだった。
「ガーディアンで戦って、わたし達の町を助けて暮れませんか」――と。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。