フルメタルパニックTRPG


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■今回予告
 ウィスパード、囁かれる者。
 おとぎ話のような存在だが、“ソレ”が一人“有れ”ば、それだけで一歩も二歩も先んじる事が出来る、と考えたのは無理も無い事だろうか。
 欲しい。
 どうしても欲しい。
 欲しいならばどうすればいいのか? 既に居る所は“一歩も二歩も先を行っている”のだから、そこから奪う事は難しい。

 ならばどうする?
 簡単な話だ。

 ――自分の所で“作って”しまえばいいのだ。

 これはそんな人々の物語。

 フルメタルパニックTRPG
 “ささやきがきこえる?”

□ハンドアウト
【PC1】一般人枠
 君は幼い頃に両親に捨てられ、孤児院で育てられた。

 その孤児院にはある企業がスポンサーについており、同じく出資している日本にある学校に君は通っていた。
 決して裕福ではないが、過不足の無い生活。だがしかし、君は心の何処かで言いようの無い不安を感じ続けて居るのだった。

※学生として無理の無い年齢でお願いします。想定は高校生ですが中学生も可能です。

※孤児院と学校の設定
 孤児院は日本国内である必要は無い。PC1の国籍も自由とする。
 学校も海外の企業がスポンサーについており、帰国子女や日系二世が通いやすいグローバルな校風の学校となっています。

※フルメタ知識が他2名に比べて少ないO畑さんを想定しております。

【PC2】ミスリル隊員
 かつて壊滅させた筈の組織「緑の家」の名前を再び聞く日が来ようとは。
※直接対決をしていても、話に聞いて居ただけでも良い。PCの年齢による。
 「緑の家」は非合法な人体実験を行っていた。その研究を何者かが引き継いでいる、という情報が入って来たのだ。
 君はミスリル情報部と共同で、その緑の家残党が探す「研究成果」の保護に向かうのだった。

【PC3】ミスリル隊員
 君はPC2の部下であり、戦友である。同じく「緑の家」残党への対処を命じられた。
 年若い(若く見えるでも可)君は、ある学園への潜入任務を命じられる。というのも、緑の家残党への資金の流れを追っていたらある企業へと行き着いたのだ。
 その企業が出資している学園。果たして資金洗浄に使われて居るだけなのか、それとも――。

※(見た目が)学生として問題無ければ何歳でも構いません。PC1と同学年である必要もありませんが、一緒であった方がスムーズになると思われます。

□レギュレーション
  • サンプルキャラクターの場合
PC2・不適なコマンダー
PC3・戦場の狼

を想定しております。
PC1が設定上「ストライカー」となっております。
また、コンストラクションの場合「ラムダドライバ」「ウィスパード」は今回は使用不可とさせていただきます。

『ラムダドライバについて』
 シナリオの設定の為、今回は「ハードモード」といたします。(P207)

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。