※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JSP入門記事メモ

コンパイルが必要なサーブレットに対して、JSPはコンパイル不要(内的にコンパイル処理はされている。)なため取り掛かりやすい。また簡単に実行できるのが大きな特徴である。

<%
 //JSPのコード
%>

このように<%~%>で囲んだ部分をJSPディスクリプタと呼ぶが、この間にJava特有の記述が可能になる。entry配下に次のようなtest.jspファイルを保存した。

<HTML>
<HEAD><TITLE>Test</TITLE></HEAD>
<BODY>
<H2>JSP Scriptlet</H2>
<%
 int sum = 0 ;
 for(int i = 0 ; i < 10 ; i++){
  sum+=i;
 }
%>
count = <%=sum%>
</BODY>
</HTML>
これを実行するには
http://localhost:8080/entry/test.jsp
としてアクセスする。すると


のようにブラウザ上(コンテナ上)で実行される。また

<%-- --%>

のように書くと、JSP上でのコメントとなる。

暗黙オブジェクト

初めから用意されているオブジェクトである。
out.println()
のようにoutは初めから「ブラウザ上に」というように出力可能な変数となっている。

ただしデフォルトのままでは日本語が文字化けするため、コンテンツタイプを設定する。

<%@page contentType="text/html;charset=Windows-31J"%>

このような<%@~%>のような特殊な文の事をディレクティブと呼ぶ。pageディレクティブによってMIMEタイプと文字エンコードを設定することが出来る。またパッケージをインポートするには

<%@page import="java.util.*;"%>

のようにインポートできる。
添付ファイル