※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構成S 内容整理図


以下に常識側と筆者側について分けて書いていきます。ご協力お願いします。
→<>→は菱形の上下移動を表しています。

段落A

  • 常識側
他人との違いを押し出すことの様に・・・
  • 筆者側
もともと一人一人が個性的・・・

段落B

  • 常識側
個性を強調すること
個性 差異
ヨーロッパの文化
ヨーロッパ型の個性
もっと自己主張するべきだ
強烈な自我 個性 自己主張
個性を外に押し出すよりも

  • 接続菱形
それに反して
むしろ

  • 筆者側
相似性と協調性
日本の文化
a存在(問題)
あるがままで個性的
内面へ向かって個性を深めていく方が上等

段落C

  • 常識側
個性的に生きる・流行・かっこよさ
そんな表面的で
いいかっこを追うこと

  • 筆者側
内面的な深みのあること
自分が本当に面白いと思うこと
①ことによって深まる(問題)

段落D

  • 常識側
同じ種どうしはきわめて似通っている
存続できない
似たり寄ったりだから分かり合える

  • 接続菱形
反面
しかし

  • 筆者側
本性に個別的だから②(問題)

段落E

  • 常識側
ファッションみたいなもの
争って個性的に
かえって画一的に
ステロタイプ化

  • 筆者側
「個性的になろう」としないこと
|