※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Socketを用いて通信を行うことができる。このときそのストリームにデータを流すのはServerSocketクラスを用いると用意である。Socketクラスは受信を、ServerSocketクラスは送信をそれぞれ仲介する。

ServerSocket ss = new ServerSocket(int port , int backlog);

ポートで示した場所で接続を待つサーバソケットをインスタンスとして作る。。そのときの待ち行列の最大量が第二引数のbacklogで指定できる。ここから接続を待つには

Socket s = ss.accept(); //throws IOExcepetion

を行う。このソケットに対する接続要求を待ち、要求が来るとそれを受け取る。接続が確立されるとSocket型のインスタンスを返す。ここから

s.getOutputStream();

で出力ストリームを取得できるため、java.lang.*パッケージの各メソッドを用いて入出力を行うことができる。