※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M1エイブラムス(主にアメリカ)

M1 エイブラムス(M1 Abrams)は、

アメリカ陸軍及びアメリカ海兵隊の主力戦車である。

機体データ
任務:攻撃
乗員:4 名
全長:9.83 m
説明
M1エイブラムスは、米ジェネラル・ダイナミックス社によって設計され、
1980年に米陸軍に初納入された。
戦車としては珍しくガスタービンエンジンを搭載していることが特徴的である。
初期型のM1及びM1の装甲改良型であるM1IP(IPM1)は、
主砲に51口径105mmライフル砲M68A1を装備している。
M1は2374輛が生産され、M1IPは894輛が生産された。

M6ラインバッカー(多分アメリカ)

湾岸戦争では、M1エイブラムスよりも多くのイラク軍車両を破壊した。

説明
イラク戦争やその後の占領下では、RPG-7(ロケット推進擲弾)や即席爆発装置(IED)による攻撃を頻繁に受けている。
車体を犠牲にして乗員は難を逃れるという方針はあるものの、死者の数が増えていることも事実である。

LAV-25(主にアメリカ)

CH53Eで空輸可能な装輪装甲車、

海兵隊の主力装甲車両で、海兵隊行く所にはLAV装甲車あり

説明
LAVの欠点として小径タイヤの為に底面高が低く泥濘地での走破性に劣る、
最高速度:時速100Km、水上速度:時速9.65Km、
スクリュー推進器2基、車体前部にトリムベーン装備、
海兵隊の主力陸上車両とも言える装輪装甲車、
GMカナダがピラニア(スイス モワグ社製)装甲車を
ライセンス生産した車両を米海兵隊が購入


ハンビー(主にアメリカ)

第二次大戦中のジープ・ウィリスMB、

そして冷戦時代のM151の伝統を引き継ぎ、

1980年代以降のアメリカ軍将兵が大きな信頼を寄せる車輛となった。

説明
一車種で様々な任務をこなせる多用途車として開発され、
兵員輸送型やTOWミサイルランチャー搭載型など数多くのタイプが登場しました。

うんこ

うんこ

説明
うんこ