ダライアス外伝 > ストーリー

翻訳は『ダライアス外伝究極攻略ムック』新声社より

ストーリー

ゲーム内オープニング

PROCO AND TIAT STARTED ON A JOURNEY FOR NEW WORLD, ABOUT THAT TIME,
THERE WERE EMIGRATION SHIPS STARTING FROMTHE DEATH STAR"DARIUS",
AND THEY ARRIVED AT A SMALL PLANET "VADIS" THE YEARS WENT BY,AND PEOPLE WERE
ABOUT TO RETURN TO THEIR NATIVE PLACE "DARIUS" STAR.

SOMEONE DESTROYED THE STRONGPOINT OF THE MIGRATION ON "DARIUS".
ALSO,THE TRANSPORT SHIPS BEING TO GO HOME ARE... THE DEMON'S HAND
REACHES "VADIS" TOO.

A COMPANY OF SILVER-HAWKS WERE ALMOST ALL ANNIHILATED.
HAVING HIGH HOPES, "SILVER-HAWK" SALLIED.

プロコとティアットが新天地をめざして旅立った。
その頃、死の星ダライアスを出発する移民船があった。
そして小さな惑星ヴァディスにたどり着いた。
月日が流れ、人々は回復した故郷ダライアス星に帰ろうとしていた。
(海上ステーションに場面が移る)
ダライアス星移住の拠点が何者かの手によって破壊された。
そして帰路についた輸送船団も…。
魔の手はヴァディスにも及び、出撃したシルバーホーク隊もほぼ全滅した。
最後の望みをかけて、2機のシルバーホークが出撃しようとしていた。

ED

  • ゾーンZ'「幻」
WHEN GREAT THING WAS DESTROYED, THE DESOLATED SCENERY SPEREADING OUT
BEFORE THEIR EYES DISAPPEARED LIKE THAT A VISION MELTED AWAY,
AND ALSO TRACES OF STRUGGLE AGAINST ENEMIES DISAPPEARED.
DID THE FIGHTING UNTIL NOW ACTUALLY EXIST?WHAT WE HAVE SEEN IN THE WORLD...
ONLY THE FEELING OF FATIGUE AS IF WE HAVE FOUGHT AGAINST OURSELVES REMAINED
THEIR EYES,THERE WERE LITTLE TRACES OF OLD FIGHTINGS,ONLY RICH NATURE
EXISTED PEACEFULLY.
THUS,"DARIUS" ENTERED A PERIOD FOR STARTING NEWLY...

グレートシングを倒したとたんに目の間に広がる荒れ果てた風景が幻のように消えて、
同時に今までの敵との死闘の跡も消えてしまった。
今までの戦いは本当に現実のことだったのだろうか?
我々が目にしたものは一体何だったのか…。
まるで自分自身と戦ったような疲労感だけが体を包んでいた
目の前のダライアス星には、昔の戦いの傷痕も、ほとんど残っておらず、
豊かな自然が静かに横たわっているだけであった。
こうして、ダライアス星は新たな出発の時を迎えたのである。

  • ゾーンV「海底に降る雪」
IN THE BOTTOM OF THE DARK SEA,THE LAST ENEMY WAS IN HIDING.THE UGLY AND
FURIOUS ENEMY FALLED AWAY AND WAS DROWNED AT SEA AFTER STRING BATTLES.
AND AFTER FINISHING SAFETY THEIR DUTTIES,THEY WERE ABOUT TO ENTER LAST PERIOD.
IN THE LAST BATTLE,ARMORING OF WHICH WAS DEATHBLOW IN HIGH-PRESSURED DEEP SEA.
"SILVER-HAWK" COMMUNICATED SLIGHTLY THEIR LAST COMMUNICATION, AND BOTTOM.
THE MARINE SNOW CONTINUED TO FALL AS IF IT WOULD COVER THEM.

光の届かない暗黒の海の底に最後の敵が潜んでいた。
その醜悪で狂暴な敵も、激しい戦いの果てに海の藻屑と消えた。
そして、無事に任務を終えた二人にも最後の時が訪れようとしていた。
最後の戦いによって2機のシルバーホークは、共に装甲を破損していた。
これは、強力な水圧のかかる深海では致命傷であった。
2機のシルバーホークは最後の通信を僅かに交わし、海底の暗闇に消えた。
その後を覆い隠すようにマリンスノーが静かに降り続いていた。

  • ゾーンW「スーパーナイスファイト!」
AFTER CLEARING THE FINAL ZONE,
I UNCONCIOUSLY MODE A VICTORY POSE IN FRONT OF CABINET.
HERE'S PENNY ARCADE.
THE BEST GAME "DARIUS GAIDEN" IN THIS PENNY ARCADE,
ALL ROUND HAVE BEEN CLEARED.

MAN : I'm champion! / WOMAN : One more chance・・・

ファイナルゾーンをクリアし、筐台の前で思わずガッツポーズをしてしまった。
ここはゲームコーナー。
そのコーナーの一番の人気機種「ダライアス外伝」で全ラウンドをクリアしたのである。
しかし、我にかえってみると最初は2人でプレイしていたはず…。
隣の席を覗いてみると、そこには精根尽きはてた相棒が大の字にのびていた。

  • ゾーンX「脅威の残滓」
"SILVER-HAWK" RUSHED IN HUGE FORTRESS OF HEADQUARTERS,
AND SUCCEEDED TO DESTROY THE CENTRAL POWER SOURCE.
THE DISTORTED FORTRESS WAS SUNK INTO A SEA OF CLOUDS UNDER THE EVENING SUN.
AFTER ESCAPING BY A HAIR BREADTH,THEY WATCHED A HAPPENING TO THE END OF
FORTRESS, AND HASTENED TO GO HOME, BEING SATISFIED WITH THE ACHIEVEMENT OF
THEIR DUTIES THEY FLEW AWAY.
AT THAT TIME,UNCANNY SHADOWS APPEARED BEHIND THE CLOUDS.
THOSE WERE ENEMIES WHICH WERE CERTAINLY DESTROYED...THE BATTLE DIDN'T END YET.

敵の本拠地である巨大要塞に突入したシルバーホークは、
その中心にある動力部の破壊に成功した。
巨大要塞は、夕陽の雲海の下へといびつな姿を沈めた。
間一髪で脱出したシルバーホーク2機は要塞の最後を見届けると、
使命の達成感を胸に帰路につくのだった。
シルバーホークが飛び去り、敵が見えなくなったその時、雲間に不気味な影が浮上した。
それは確かに倒したはずの敵であった。
戦いはまだ終わってはいなかったのである。

  • ゾーンY「英雄降臨」
THE ENEMIES WHO BURNED UP TREES AND DESTROYED EVERYTHINGS HAVE BEEN SHOT
DONE BY "SILVER-HAWK" LANDED THEY WERE UNEXPECTEDLY WELCOMED BY NATIVES.
ENEMIES WERE ALSO THE SYMBOL OF FEAR AGAINST THE NATIVES.
THEY WERE HEROES BECAUSE THEY DESTROYED SUCH ENEMIES.
NATIVES SENT IN GRATITUDE AN ACCESSORY FOR BRAVELY.
PEACE WAS RESTORED IN THE FOREST.

木々を焼き払い、破壊の限りを尽くした敵もシルバーホークの活躍によって撃墜された。
着陸した二人を待っていたのは、思いもかけない原住民達の歓迎であった。
撃墜した敵は彼らにとっても恐怖の象徴だったのだ。それを倒した2人は彼らにとって英雄であった。
一族を代表して首長は2人に感謝を込め、勇気ある者を表す装飾品を贈った。
森に、本当の平和が訪れたのである。

  • ゾーンZ「取り返しのつかない過ち」
IN THE CORE OF "DARIUS",ENEMIES BUILD HEAR LAST NEST.
THEY SUCCEEDED IN REPULSING THOSE ENEMIES AND DESTROYED ALL OF ENEMIES ON
"DARIUS", BUT BECAUSE OF THOSE BATTLES,"DARIUS" ITSELF RECEIVED MANY DAMAGES,
AFTER FINISHED THEIR DUTIES,THEY LEFT THE "DARIUS".
AT THAT TIME, "DARIUS" EXPLODED.
DAMAGES OF "DARIUS" EXCEEDED FOR THEIR EXPECTATION,RESULTING IN THE WHOLE
DESTRUCTION OF THIS PLANET.
THE NATIVE PLACE "DARIUS" WAS LOST, AND THEY WERE QUITE AT A LOSS WHAT TO DO.

ダライアスの惑星中心部に最後の敵が巣くっていた。
その敵の撃退に成功し、ダライアス星上の敵すべてを倒した。
だが、その戦いのためダライアス星事態にも多くのダメージをあたえてしまった。
任務を終えた2人は、故郷を後にした。
その時、ダライアス星が爆発したのである。
ダライアス星の受けたダメージは、予想を遥かに上回っていて、
ついには惑星全体の破壊を引き起こしたのである。
故郷ダライアスは失われ、2人はその残骸の中でただ茫然と立ち尽くすのであった。

  • ゾーンV'「新たな時代の幕開け」
WHEN DESTROYING A HUGE BATTLESHIP BEING IN HIDING IN CENTER OF A STORM,
THE THICK CLOUDS WHICH SCREENED BETWEEN THE EXTERNAL WORLD AND THERE CLEARED
AWAY. PERHAPS THE STORM ITSELF WAS CAUSED BY THE BATTLESHIP.
WHEN HE CLEARED AWAY,COMMUNICATION FROM COMPANIES WAS RECIEVED AND TRANSPORTERS ARRIVED AT "DARIUS" ONE AFTER ANOTHER.
THUS,THE MIGRATION PROGRESSED SATISFACTORILY,AND JOIFUL HEARD ON "DARIUS"
PEACE WERE RESTORED.

巣の中心に潜む巨大戦艦ストームコーザーを破壊すると、
外界との間を遮っていた厚い雲が晴れていった。
どうやら嵐自体もストームコーザーが引き起こしていたらしい。
雲が晴れると仲間からの通信が入り、移民船団が次々にダライアス星へ到着した。
こうして移住は順調に進み、ダライアス星に人々の明るい声が響き、平和が訪れた。

Staff Roll

PROJECT DARIUS GAIDEN ALL STAFF
PRODUCER HIDEHIRO FUJIHARA
GAME DESIGN HISAKAZU KATO, AKIRA KURABAYASHI, MASAMI KIKUCHI,
YUTAKA NAGAYAMA, NAOTO OMURA, HIDETAKA HARADA, RINTARO DOI,
KATSUMI KANEOKA, HISAYOSHI OGURA, KATSUHISA ISHIKAWA
THANKS KENTARO MATSUMURA
ART DIRECTOR /KAT MASAMI, KIKUCHI, BAW-BAW
PROGRAMMER / KURABAR, YUTAKA NAGAYAMA, NAOTO OMURA, HIDETAKA HARADA
HARDWARE ENGINEER KATSUMI KANEOKA
DECORATOR RINTARO DOI
SOUND DIRECTOR OGR(ZUNTATA), KATSUHISA ISHIKAWA(ZUNTATA)
BIT PATTERN MAKOTO FUJITA, UCKY MAEDA, TORU KAWAISHI,
YUKO KAJIHARA, MIWA KAMIYA, VAP, A-WAVE
SPECIAL THANKS HISAO SHIMIZU, ICHIRO FUJISUE, RIE AMINO,
TAKAKO AKITSU, MASAHIRO TASHIRO, NAKAYAMA JOTOHEI, NOBUYUKI HAYASHI,
RYOTA KOMAI, YASUNOBU KOSOKABE, MITSURU FUKUMOTO, SAORI HIRATSUKA,
RYOTA SASAKI, NAOTO YAGISHITA, TAKAO YOSHIBA, NOBUAKI KUROKI,
YUICHI ONOGI, MAKOTO OSAKA, YOSHIHIRO MORI, NAOMITSU ABE,
MASATOSHI TSUNEOKA, YOSUKE TSUDA, V.G. TOKYO ALL STAFF,
PAPARA KAITO, YOSHINARI MITANI, I.G. TATSUNOKO
...AND DEFAULT MEMBERS
PRESENTED BY TAITO
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。