ダライアスバーストAC > ストーリー

ストーリー

ダライアス暦1904年。
人類はベルサーのウイルス攻撃により、亜空間ネットワークを寸断された。
ネットワークへリンクしていた機体は情報伝達手段を失い、宇宙軍は抵抗する間もなく壊滅してしまう。
唯一、惑星ダライアスにおいてバースト機関を搭載したシルバーホークだけが難をのがれ、
2機の新型機は人型AI端末であるTi2、テストパイロットのリーガ・プラティカに託された。
ネットワークのサポートを受けられない孤立無援の状況で、シルバーホークバーストは敵部隊へと戦いを挑む。
2人の英雄は見事勝利を収め、惑星ダライアスは無事解放された。

そしてダライアス暦1910年。
宇宙は広大であり未だ人類世界は分断されていたが、亜空間ネットワークの復旧は進行していた。
惑星ダライアスより戦闘データと機体情報が各星系へと送られ、シルバーホークへのバースト機関の搭載が進む。
ここに人類の一大反攻作戦が始まった。
翼持つ戦士達は刻んでいく。歴史にその名を。

ED

EXモードのEDは、オリジナルと同一の映像・ストーリーだがテキストが会話調になっている。
ED名称は『DARIUS ODYSSEY 公式設定資料集』より。

  • ゾーンH「いまひとたびの休息を」
ベルサーの敵母艦は撃退された。
シルバーホークは満身創痍で母星に帰還する。
機体の損傷が激しいため、彼らはコックピットブロックを分離し機体を放棄した。
次なる戦いの時まで、戦士たちは眠りにつく。
+ ゾーンV「勝利の美酒」

  • ゾーンI「勇気を胸に」
『シミュレーションは無事終了した。』
『この成績ならば、君たちはすぐにでも実戦に出れるだろう。』
『敵の侵攻は激しく、我々の星系は壊滅寸前だ。状況は芳しくない。』
『諸君らにはこの後、出撃命令が下される。』
『我々には一刻の猶予も許されない。諸君らの健闘を祈る。』
GO TO CHRONICLE MODE
+ ゾーンW「未来の勇者たち」

  • ゾーンJ「見知らぬ星の、名も知らぬ共と」
敵戦艦を退けたシルバーホークだったが、敵の猛攻は続いた。
シルバーホークの前に、突如謎の友軍が出現する。
彼らの助力を得てシルバーホークは戦いを再開した。
惑星ダライアスに真の平和が訪れるその時は近い。
+ ゾーンX「立て、友よ。反撃の時は来た」

  • ゾーンK「流浪の民」
シルバーホーク部隊は敵の陽動に成功した。
最後の作戦行動として持ち込まれた未完成のバースト兵器を暴走させ、
惑星もろとも敵艦隊を巻き込んだ爆発を起こす。
生き残った人々は船団をまとめ、他星系への移住を開始した。
安息の地を求めて人類の旅は続く。
+ ゾーンY「星々の荒野へ」

  • ゾーンL「曇りなき栄光」
シルバーホークはベルサーの母艦を撃破した。
コントロールを失った敵艦隊は、次々と沈黙していく。
君たちの名は永遠に語り継がれるだろう。
伝説は再び蘇った。
宇宙に平和が訪れたのだ。
+ ゾーンZ「平和は我らの手のなかに」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。