『平和の経済的帰結』ージョン・メイナード・ケインズ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トップ


概要

本書は、経済学者ジョン・メイナード・ケインズによって書かれた。
パリ講和会議におけるドイツへの莫大な賠償金に対し出版されたもので、本書により大反論キャンペーンを行った、このケインズの考えは政策担当者・諸国民から強烈な批判をあびることとなった。しかし、ナチス・ドイツの台頭と第二次世界大戦の勃発により、歴史はケインズの主張が正しかったことを証明した。

著者

ジョン・メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes、1883年6月5日 - 1946年4月21日)はイギリス生まれ、20世紀学問史において最重要人物の一人とされる。経済学者、ジャーナリスト、思想家、投資家、官僚。経済学において有効需要(着想自体はミハウ・カレツキが先であるとされる)に基いてケインズサーカスを率いてマクロ経済学を確立させた。
経済学者の大家アルフレッド・マーシャルの弟子であり、論敵アーサー・セシル・ピグーとは兄弟弟子、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインやブルームズベリー・グループとの交流は有名。父のジョン・ネヴィル・ケインズも経済学者である。

目次

Top







ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。