FXの税金


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

外国為替証拠金取引は「店頭取引」と「取引所取引」の2つの形態があり、FXの利益は雑所得になります

給与所得者の場合は20万円を超えると申告義務が発生
専業主婦などの配偶者や、家事手伝いなど扶養家族の場合38万円を超えると申告義務発生


店頭取引

195万円以下 15%(所得税5%+住民税10%)
195万円超330万円以下 20%(所得税10%+住民税10%)
330万円超695万円以下 30%(所得税20%+住民税10%)
695万円超900万円以下 33%(所得税23%+住民税10%)
900万円超1,800万円以下 43%(所得税33%+住民税10%)
1,800万円超 50%(所得税40%+住民税10%)


くりっく365(取引所)

一律20%

経費

雑所得では所得を得る為に必要とした経費が認められます
取引する為に使用したパソコン
プロバイダー等の通信費用
セミナー参加費用
関係書籍、資料、情報料金等
現地視察を目的とした渡航費用
他にも関連した費用があれば申告してみましょう
ただし税務署により判断が異なるので上記の費用が必ず認められるとは限りません