※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地形


河川敷上流にある洞窟。
険しい山道に覆われているため、繁華街中央の広場を通らないと来ることが出来ない。
中は5つの道に分かれている。
もしかしたら、行き止まりもあるかもしれない。
道を進むも引き返すも自由だ。
月読三枝は5つの道の何処かを通って、最奥部の『門』を目指している。
さあ、エンディングはすぐそこだ!!
(行動提出で選べるのは以下の5つ)
(特殊な効果は能力や必殺技に明記しない限り特にありません)

左端の道

暗く狭い通路。
太陽の光が一切届かないこの道は、蝙蝠が生息している。
どこかで見たヴァンパイアも居るかもしれない。
ここでバトルする場合、視力に頼らない戦闘や、狭い場所でも使える技が重要だ。
この道が最奥に繋がっているかは分からない。

左から2番目の道

道を抜けると目の前には崖があった。
崖の向こう側には道が続いているようだが……。
どうにかすれば向こう側に行けるかもしれない。
ここでバトルする場合、崖から落ちないよう注意しよう。
この道が最奥に繋がっているかは分からない。

真ん中の道

洞窟の奥と河が繋がっている、河沿いの道
どこかで見た半漁人が居るかもしれない。
ここでバトルする場合、河に落ちないように気をつけよう。
この道が最奥に繋がっているかは分からない。


右から2番目の道

道を抜けると目の前には大きな壁があった。
行き止まり?
もしかしたら、隠し通路があるかもしれない。
ここでバトルする場合、壁に打ち付けられないように気をつけよう。
この道が最奥に繋がっているかは分からない。

右端の道

道を抜けると、大きな広場があった。
洞窟の切れ目から太陽の光が届いているため、比較的明るい場所だ。
奥には、きらびやかな建物が建っている。
ここでバトルする場合、自分の持てる力を全て出し尽くそう。
この道が最奥に繋がっているかは分からない。