※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ja2047さんの投稿文の引用について


ja2047さんのyahoo掲示板への投稿文 については、wikiページ化が遅れておりご迷惑をおかけしています。
2007年2月11日現在、wiki化して採録できたのは、
2005年分と2006年分だけです。



これらから引用する場合の簡便な方法を例示します


Re:重慶爆撃は確かに行われたが・・ 2006/ 6/22 9:50 [ No.36533 /39215 ] 
を引用し解説を加えたゆうさんの論考を例にさせていただきます。

(1)まず、 Re:重慶爆撃は確かに行われたが・・ 2006/ 6/22 9:50 [ No.36533 /39215 ] のページを開きます。捜すには「サイト内検索」に題名を入れて検索します。
http://www24.atwiki.jp/ja2047_memorial/pages/486.html

(2)次に、そのページの「このページを編集する」を押します。

(3)現れた編集モードのスクリプト=《wiki構文》
http://www24.atwiki.jp/ja2047_memorial/editx/486.html

《wiki構文》
**Re:重慶爆撃は確かに行われたが・・ 
2006/ 6/22 9:50 [ No.36533 /39215 ] 
投稿者 :
ja2047

>ある資料によれば、重慶を襲った日本の重爆撃機はのべ2400機、投下した爆弾は1万5000トン、 
これの出所が不明なのですが、あるいは「嶋田繁太郎大将備忘録」の記述、1941年7月28日~8月31日の「百二号作戦総合戦果」の
>>我が使用機数
>>-陸攻二○五○機 艦攻、艦爆二○一機 艦戦九九機 陸偵 三九機  計二三八九機
>>-攻撃回数二○回
>>-消耗爆弾 八○番九四 二五番(陸用)二九○六 その他一一一四八  計一五○三六
を誤って引用したのかとも思います。
>>1938年末から1941年8月まで行われた重慶爆撃の最後の一ヶ月の出撃機数を作戦全体の機数と読み誤った上に、爆弾の個数をトン数と読み誤っているとすれば、バカとしか言いようがありません。

その前に行われた「百一号作戦ノ概要」での
>>攻撃延機数 
>>-中攻三六二七機 九七重七二七機 司偵一七七機 零戦二四機 計四五五八機
>>
>>使用爆弾
>>-一○○二一発
>>-一四○五屯
から見て、当時の日本軍の使用爆弾の重量は単純平均で150kg程度、爆撃機一機の実搭載量は300kg強と言うことになるかと思いますね。

これは メッセージ 36532 bikachuuuさんに対する返信です

この枠内の《wiki構文》を丸ごと「コピー」し、作成画面に丸ごと「貼り付け」ます。

(4)貼り付けたものの全体の改行行頭に、もう一度引用したことを表すために「>」を打ちます。「>」のないところは、ゆうさんの地の文です。

《wiki構文》
**2.重慶爆撃
さてここで、いかにも「事実派軍事マニア」であったja2047さんらしい投稿がはさまります。
 
>Re:重慶爆撃は確かに行われたが・・ 
>2006/ 6/22 9:50 [ No.36533 /39215 ] 
>投稿者 :
>ja2047
>
>>ある資料によれば、重慶を襲った日本の重爆撃機はのべ2400機、投下した爆弾は1万5000トン、 
>これの出所が不明なのですが、あるいは「嶋田繁太郎大将備忘録」の記述、1941年7月28日~8月31日の「百二号作戦総合戦果」の
>>>我が使用機数
>>>-陸攻二○五○機 艦攻、艦爆二○一機 艦戦九九機 陸偵 三九機  計二三八九機
>>>-攻撃回数二○回
>>>-消耗爆弾 八○番九四 二五番(陸用)二九○六 その他一一一四八  計一五○三六
>を誤って引用したのかとも思います。
>1938年末から1941年8月まで行われた重慶爆撃の最後の一ヶ月の出撃機数を作戦全体の機数と読み誤った上に、爆弾の個数をトン数と読み誤っているとすれば、バカとしか言いようがありません。
>
>その前に行われた「百一号作戦ノ概要」での
>>>攻撃延機数 
>>>-中攻三六二七機 九七重七二七機 司偵一七七機 零戦二四機 計四五五八機
>>>
>>>使用爆弾
>>>-一○○二一発
>>>-一四○五屯
>から見て、当時の日本軍の使用爆弾の重量は単純平均で150kg程度、爆撃機一機の実搭載量は300kg強と言うことになるかと思いますね。
>
>これは メッセージ 36532 bikachuuuさんに対する返信です

このように、細かいデータを挙げての「解説」は、ja2047さんの最も得意とするところでした。 


(5)下方の「投稿ボタン」を押すと、上のようなwiki原稿が下のようなhtmlページとなります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。(htmlページはじめ)

2.重慶爆撃

さてここで、いかにも「事実派軍事マニア」であったja2047さんらしい投稿がはさまります。

Re:重慶爆撃は確かに行われたが・・
2006/ 6/22 9:50 [ No.36533 /39215 ] 
投稿者 :
ja2047

ある資料によれば、重慶を襲った日本の重爆撃機はのべ2400機、投下した爆弾は1万5000トン、
これの出所が不明なのですが、あるいは「嶋田繁太郎大将備忘録」の記述、1941年7月28日~8月31日の「百二号作戦総合戦果」の
我が使用機数
  • 陸攻二○五○機 艦攻、艦爆二○一機 艦戦九九機 陸偵 三九機  計二三八九機
  • 攻撃回数二○回
  • 消耗爆弾 八○番九四 二五番(陸用)二九○六 その他一一一四八  計一五○三六
を誤って引用したのかとも思います。
1938年末から1941年8月まで行われた重慶爆撃の最後の一ヶ月の出撃機数を作戦全体の機数と読み誤った上に、爆弾の個数をトン数と読み誤っているとすれば、バカとしか言いようがありません。

その前に行われた「百一号作戦ノ概要」での
攻撃延機数 
  • 中攻三六二七機 九七重七二七機 司偵一七七機 零戦二四機 計四五五八機

使用爆弾
  • 一○○二一発
  • 一四○五屯
から見て、当時の日本軍の使用爆弾の重量は単純平均で150kg程度、爆撃機一機の実搭載量は300kg強と言うことになるかと思いますね。

これは メッセージ 36532 bikachuuuさんに対する返信です

このように、細かいデータを挙げての「解説」は、ja2047さんの最も得意とするところでした。

(htmlページおわり)。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(6)以上が説明ですが、論理ではなく実技です。実際にやってみればお分かりになると思います。

  • 画面が横にはみ出してご迷惑をお掛けしています。その原因は、説明のためとはいえ背景色のない囲みとして「整形済みテキスト」(↓説明参照)という厄介なものを使ったためです。陳々謝々。