Tips


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●改行コード変換
<<CRLF→LF>>
tr -d \\r < CRLF-file > LF-file

<<LF→CRLF>>
perl -pe 's/\n/\r\n/' LF-file > CRLF-file


gzip -dc toyotsu.tar.gz | tar xvf -

tar cvf tar_name.tar *

ps -ef | grep wasusr1

●WAS強制終了
kill -9 pid
※pid=起動時にコンソールに出力
766090

●DB再起動

su - ユーザ名

db2 force application all セッション強制終了
db2 deactivate db db_name DB停止
db2stop インスタンス停止
db2start インスタンス、DBスタート

■DB2 エクスポートインポート
db2move nd01 export -sn スキマー名
db2move nd01 import -u スキマー名 -p パスワード

db2 export to ./×××.ixf of ixf messages ./20090911_exp.log select * from スキマー.××_××_tbl
※エクスポートは対象テーブルをロックする。


■DB2 ロック情報確認
$ db2 get snapshot for locks on db_name
■DB2 テーブルTruncate
$ alter table <<Table-Name>> activate not logged initially with empty table

■ DB2 セッションを切る
db2 force application ALL

■ セッションを確認する
db2 list applications

■ 表スペースを確認する
db2 list tablespaces show detail


**************************************************************
■ DB2 キャッシュメモリ開放コマンド

# sysctl -w vm.drop_caches=option

option
1・・・ページキャッシュのみを解放
2・・・ダーティページとinodeキャッシュを解放
3・・・ ページキャッシュとダーティページとinode

■ メモリーチューニング(AIX)
# vmstat -v
    524288 memory pages          ←実メモリページ数
   494223 lruable pages
      4115 free pages
         2 memory pools
    176832 pinned pages           ←ページアウトされない使用メモリ
      80.0 maxpin percentage
      20.0 minperm percentage     ←ファイルキャッシュの最低保持割合
      80.0 maxperm percentage     ←ファイルキャッシュの最大保持割合
      15.5 numperm percentage     ←実メモリに対するファイルキャッシュの占める割合
     76722 file pages             ←ファイルキャッシュのページ数
       0.0 compressed percentage
         0 compressed pages
      16.4 numclient percentage   ←現在のバッファキャッシュの実メモリに対する割合
      80.0 maxclient percentage   ←バッファキャッシュの最大保持割合
     81069 client pages           ←現在のバッファキャッシュのページ数
         0 remote pageouts scheduled
      9203 pending disk I/Os blocked with no pbuf
      8718 paging space I/Os blocked with no psbuf
      2740 filesystem I/Os blocked with no fsbuf
        30 client filesystem I/Os blocked with no fsbuf
         0 external pager filesystem I/Os blocked with no fsbuf

********************************************************************

■アラート照会
db2 get alert cfg for db on db_name

■ヘルス・アラートの構成情報を照会する。
db2 "select substr(name,1,30) as name, substr(short_description,1,50) as short_description, substr(category,1,80) as category from table(sysproc.health_get_ind_definition('ja_JP')) as ind_definition"

■アラート・アクションの設定情報を照会する。
db2 "select substr(A.objecttype,1,3) as objecttype, substr(A.cfg_level,1,1) as cfg_level, substr(A.dbname,1,10) as dbname, A.id, substr(I.name,1,30) as name, A.warning_threshold, A.alarm_threshold, A.evaluate, A.action_enabled from table(sysproc.health_get_alert_cfg('db','o','nd01','')) as A, table(sysproc.health_get_ind_definition('ja_JP')) as I where A.id = I.id"


■PDLOGMSGS_LAST24HOURSビューの定義
●1日以内に出力されたメッセージを参照する場合は、ビューを使用する。
例)現在からさかのぼり、24時間以内に出力されたSEVERITY=‘C’(Critical)のメッセージを、メッセージ
出力時刻に並び替えて照会する。

db2 "select * from SYSIBMADM.PDLOGMSGS_LAST24HOURS where MSGSEVERITY = 'C' order by TIMESTAMP desc"

●特定の期間に出力されたメッセージを参照する場合は、UDFを使用する。
例)過去1週間以内に出力されたSEVERITY=‘C’(Critical)のメッセージを、メッセージ出力時刻に並び
替えて照会する。

db2 "select * from table(SYSPROC.PD_GET_LOG_MSGS(current_timestamp - 7 days)) as t where MSGSEVERITY = 'C' order by TIMESTAMP desc"


■Notifyログへのすべての出力から、SEVERITY=‘E’(Error)のメッセージを、メッセージ出力時刻に
並び替えて照会する。
db2 "select timestamp, msg from table ( pd_get_log_msgs(cast(null as timestamp))) as t where msgseverity='E' order by timestamp desc"



*******************************************************************