※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファンタシースターユニバース

名称 ファンタシースターユニバース
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 プレイステーション2、Windows、Xbox360
発売元 セガ
開発元 セガ(ソニックチーム)
発売日 PS2/Win:2006年8月31日
価格 7,140円(税込)
対象年齢 CERO:B(12歳以上対象)

  • キャッチコピー:すべてのRPGを過去にする
  • 続編(イルミナス)のキャッチコピー:RPG、新生。
  • 主にPS2版が話題に上る

要点

  • 2006年9月2日 正式サービス開始より約3日でロールバック宣言
9月3日にサーバー停止。9月4日に前代未聞の有料βが開始。
  • 2006年9月6日 サーバー稼動再開が夕方と告知していたが実際には21:30頃再開された。
  • 定期メンテナンス延長告知が終了5分前
  • 度重なる緊急メンテナンス
  • ステージ・武器のほとんどが色変更の使いまわし
後に発売される『イルミナスの野望』についても無印版の使い回しが多い
  • ミッション・武器・防具などすべての面において出し惜しみ。(小出し)
  • イベントではSランク武器大放出のため、通常ミッションで出るSランク武器がゴミと化す。そのため、イベントの時以外は人が極端に少ない
  • 2008年に配信されたイベントの内、二つのイベントが前回配信されたものの調整版
  • 現在無印版発売から約2年半経過しているが、無印に収録されているテクニック『レンティス』の実装が未だにない
  • 『追加アップデート』が09年4月に行われたが、無印→イルミナスほどの変更はなく、Lvが一定値で固定されるミッション・PSP版の武器などが追加されるのみ
  • 発売当初は同時接続数が約2万人に対し、現在(2009/05/25)は約2000人にまで落ち込んでいる。

総評からこの部分を抜粋

そんな中で見事大賞を受賞したのは「ファンタシースター ユニバース」
PSOのノウハウ、実績を引き下げた新たなオンラインRPGに誰もが期待していたが、
いきなりのサーバーダウンや発売後に有料ベータテスト化、初期はログインするのが既にゲーム、等
これまた開発の粗末な対応にファンは振り回される。
オフ部分についても、「オフだけでも大作RPGです。」
「オフはオンのチュートリアル。」と開発にも迷いがあったようだ。
ゲーム部分もPSOから大幅に退化しており、PS2版は泥人形と揶揄されるキャラクタ、ただ連打するだけの戦闘、
不可解な味方AIの行動、何をするのにも微妙にストレスの溜まる造りに呆れかえるファンの姿があり、
見ているだけでいたたまれない気持ちになる。
時間を掛けて開発したが時の流れは残酷である、という事を購入者に知らしめた功績は大きい。
このゲームは上記クソゲーと比べて突き抜けたクソという訳では無いがこのソフトを取り巻く環境や状況が
昨今のクソゲー市場を端的に表している、と言う意味で今年のクソゲーを代表すると言えるだろう。

最後にシリーズを悉く潰していき、次世代機でもクソゲーを乱発するバンナム、
ゲームを着飾る事に溺れているスクエニ、
過去を振り返る事の出来ないソニックチームに以下の言葉を贈ることによって
2006年クソゲーオブザイヤーを締めくくりたい。


全 て の ク ソ ゲ ー を 過 去 に す る。

選評

あれやこれや