※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>創造論ネタ>機械論的ノアの洪水

機械論的ノアの洪水


若い地球の創造論では、ノアの洪水は自然現象であることになっている。洪水の水は無から生じて、無に消えてはならない。そのような考えは、若い地球の創造論が登場するより、はるか前から存在していた。


そして、前世紀には、水源を大気上層、彗星、地下の水に求めたり、超高速な大陸移動によるものだとしたりと、17世紀頃と違わないことが主張されてきた。


これらのうち、上空蒸気層は放棄された。また、彗星も人気はない。