※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


STSを利用するインテリジェントデザイン運動


インテリジェントデザイン運動は、STSの"sociology of scientific knowledge" (SSK)と"postmodern interpretations of science" (PIS) を真っ当に利用していると、数学者 Richard C. Brown は言う。
The characteristic relativism and deconstruction of scientific claims of SSK/PIS has also been employed by causes that would be anathema to many of its creators. The religious right has, for instance, borrowed the constructivist arguments of SSK to criticize Darwinism. Phillip Johnson, a Berkeley law professor and a leader in the intelligent design (ID) movement identifies Darwinism as a Kuhnian paradigm. The core of this paradigm is “metaphysical naturalism,” the attitude (based Johnson feels on no compelling evidence) that the natural world and its laws are all there is and whose development reflects no purpose or intelligence. Like other scientific paradigms naturalism dictates what answers are acceptable and what questions are forbidden. It shapes the entire culture of the biological sciences, and like other paradigms it has nothing to do with truth. It’s chief puzzle, an anomaly in Kuhn’s sense, already noted by Darwin, is the apparent failure of the fossil record to support Natural Selection’s model of continuous change by small variations. To Johnson this anomaly has never been successfully solved, but the cultural power of the paradigm allows Darwinian believers to continually invent ad hoc solutions or explain it away. Johnson’s arguments are not a distortion of SSK/PIS doctrine. His point of view is partially shared by Steve Fuller, a leading sociologist and philosopher in the movement. Fuller’s belief that all scientific theories are socially constructed and reflect wider non-rational cultural values leads him to assert that ID and the neo-Darwinian view of evolution have equal legitimacy as scientific theories and should be accorded equal time in high school biology classes. Like Andrew Ross, Fuller seems to regard scientists as a privileged elite who without any justification except power impose their beliefs on society.

SSK/PISの典型的相対主義と科学的主張の脱構築も、その創設者たちが嫌悪するであろう大義によって採用された。たとえば、宗教右翼はダーウィニズム批判のために、SSKの構成主義の論を借りた。Berkeleyの法学教授であり、インテリジェントデザイン運動の指導者であるPhillip Johnsonは、ダーウィニズムをKuhnのパラダイムとして特定した。このパラダイムの中核は、(hillip Johnsonが有力な証拠はないと感じている)「自然界と自然法則はそれが全てであり、自然界の発達には目的やインテリジェンスは反映されていない」という態度たる「形而上学的自然主義」である。他の科学的パラダイムと同様に、自然主義は、いかなる答えが採択可能であり、いかなる問いが禁じられるかを、定めている。それは生物科学の文化全体を形作っており、他のパラダイムと同様に、真理とは何の関係もない。その主たる謎、すなわちKuhnの意味でのアノマリーは、既にDarwinが記述していることで、小さな変異の連続的変化という自然選択を支持する化石記録の欠落である。Johnsonにとって、このアノマリーはうまく解決されたことはなく、パラダイムの文化的力によって、ダーウイン信者たちはアドホックな解決策を発明したり、説明を逃れたりしている。Johnsonの論はSSK/PISの基本方針の歪曲ではない。彼の見方は、インテリジェントデザイン運動の指導的社会科学者であり、哲学者であるSteve Fullerにも部分的に共有されている。「あらゆる科学理論は社会的に構成されていて、幅広い非合理的文化価値を反映している」というFullerの信条は、「インテリジェントデザインとネオダーウィニズムの進化の見方は、科学理論として等しく正統であり、高校の生物の授業で同一時間教えられるべきだ」という主張につながっている。Andrew Rossと同様に、Fullerは、科学者たちを「自らの信条を社会に課す権力以外に正当性を持たない特権的エリート」だと見なしているようである。


このようなSTSの利用はインテリジェントデザイン運動に限らない
But anti-Darwinism is not the only cause where the tenets of SSK/PIS may be exploited. To take a different example, Sheila Jasanoff, a well known partisan of SSK mentioned in Chapter 11, relates that on various occasions corporations in legal or regulatory cases involving dioxin, asbestos, or alcohol have requested that she testify on their behalf:

SSK/PISの教義を利用する大義は反ダーウィニズムだけではない。別の例として、11章で言及した、著名なSSK支持者Sheila Jasanoffは、多くの機会に、ダイオキシンやアスベストやアルコールの裁判や法規制の対象となった企業から、味方として証言を要請されている。

For each of these actors, moreover, the objective was not to win my support for one or another specific scientific claim (for example, that alcohol consumption in pregnancy does not cause foetal alcohol syndrome, or that asbestos exposure in buildings creates no risk of cancer), but rather to resist an adversary’s claims to scientific credibility. The sociology of knowledge was for them an instrument to undercut their opponent’s expert status, and thus to deprive them of ‘science’ itself as a political resource.

これらの登場人物にとって、さらに、目的は特定の科学的主張(たとえば、妊婦のアルコール摂取が胎児アルコール症候群を起こさないとか、建物のアスベストへの曝露に癌のリスクはないとか)への私の支持が勝つことではなく、相手の主張の科学的信頼性に抵抗することである。知識社会学は彼らにとって、敵の専門家性を切り下げ、それにより政治的源泉としての科学自体を敵から奪う手段である。

The irony in these examples puts one in mind of Hegel’s comments on the “cunning of reason” in his Lectures on the Philosophy of History by which historical actors accomplish purposes which they do not foresee and which in some cases are contrary to their intentions. One feels, however, that the creators of SSK who for the most part are not apologists for the religious right or corporations ought to have anticipated such uses for their work.

これらの例のアイロニーを見ると、"Lectures on the Philosophy of History"におけるHegelの “cunning of reason”についてのコメントが思い浮かぶ。「歴史的人物は自らが予想もしなかった、時には意図せざることを成し遂げる」しかしながら、SSKの創設者たちは、宗教右翼や企業がSSKの成果を使うことを