※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


温暖化否定論を支援しないように、参戦を躊躇するSTS


2013年 ミズーリ州反進化論州法案 HB179のように「生物進化と生命の化学起源」にのみ言及する反進化論州法(案)がある。学区レベルでのインテリジェントデザイン教育についてのKitzmiller v. Dover裁判(2005年)では、STSのStrong Programmeの導くところ、
STS学者Steve Fullerがインテリジェントデザインを擁護した

一方で、成立したテネシー州法 2012年のように「生物進化と生命の化学起源と地球温暖化とヒトクローン」を列挙する場合がある。これについて、地球温暖化否定論の立場を擁護する材料をSTSのStrong Programmeは提供できるだろうか?

University of VirginiaのSTSのBryan Pfaffenbergerは「必然的に、温暖化懐疑論者たちに弾薬を供給し、公共の混乱をさらに大きくすることになる」と述べる。
So you are probably wondering, what does a Strong Program advocate such as myself think about the global warming controversy? The principles of symmetry and impartiality tell us to look for social causation in both camps. No problem with the global warming skeptics. As for the international community of scholars who have united to declare a consensus on the anthropogenic causes of climatic change, clearly there are social factors at work. They have, for one thing, collaborated earnestly to get this message across, no doubt dragging along some of their colleagues who were less than 100% sold on the idea.

だから、おそらく私のような"Strong Programme"主張者が、地球温暖化論争についてどう思うか気になっているだろう。対称性と公平性の原則にしたがい、両陣営の社会的因果関係を見る必要がある。温暖化懐疑論者に問題はない。人類に起因する気候変動についてのコンセンサスの宣言するために団結した学者たちの国際コミュニティについて言えば、明かに機能している社会的要因がある。彼らは、一つには、このメッセージが、その考えを100%は受け入れていない同僚たちに間違いなく届くように真摯に協力した。

To be honest, I don't think that the Strong Program should address this controversy. At least, not right now. Doing so, inevitably, would only provide global warming skeptics with additional ammunition, and lead to further public confusion. Perhaps, even, it would be fundamentally unethical, even monstrous. And you know why? I strongly believe -- having spent several long weeks examining the scientific literature (hundreds of sources) to make sure -- that there is no question about it: they are correct.

正直なところ、私は"Strong Programme"がこの論争を対象にすべきとは考えていない。少なくとも、今すぐには。そうすることで、必然的に、温暖化懐疑論者たちに弾薬を供給し、公共の混乱をさらに大きくすることになるだろう。おそらく、それは根本的に非倫理的であり、さらには恐ろしいことである。何故かわかるだろうか? 私は数週間かけて、科学文献(数百のソース)を調べ、地球温暖化について疑問の余地がないことを強く確信しているからだ。


Grundmann et al[2012]は、「社会学者、特にSTS学者は政治的意味合いがわかっていて、気候変動否定論者の支援をしたくないという懸念をしているが故に、気候変動問題にほとんど関与していない」という。
The so-called Strong Programme (Bloor, 1976) holds that science studies scholars should remain neutral with respect to the truth claims science makes. They should explain the success or failure of a scientific theory in the same terms. The outcome of all scientific controversies – successful or not – should be explained by social factors. As the climate change controversy unfolded in the United States, journalists seemed to follow a similar principle in their reporting, thus giving a boost to the small number of climate change sceptics (Boykoff & Boykoff 2004). Could it not be that this political climate prevented sociologists from analyzing the science and politics of climate change to any great extent? Might it not be that the political and social forces have become so strong that the very principles of the field of science studies have taken a back seat? In other words, we argue that there has been little engagement with climate change on the part of sociologists (and especially science studies scholars) because they are aware of the political implications and anxious of not wanting to play into the hands of climate change deniers .

いわゆるStrong Programmeは、科学が行う心理主張について、STS学者は中立を維持すべきという立場をとる。彼らは科学理論の成功あるいは失敗を同じ言葉で書くべきだ。科学論争の帰結は成功であれ、失敗であれ、社会的要素で説明すべきである。米国で広まった気候変動論争では、ジャーナリストたちは報道で同様の原則に従っているようで、それにより、少数の気候変動否定論者たちを勢いづけている。このような政治的雰囲気のため、社会学者たちは、気候変動の科学と政治の探求を妨げられていないだろうか?政治的及に社会的勢力が強くなりすぎて、STSのまさしく基本原理が、前面に出られなくなっているのではないか? 言い換えれば、社会学者、特にSTS学者は政治的意味合いがわかっていて、気候変動否定論者の支援をしたくないという懸念をしているが故に、気候変動問題にほとんど関与していない。


STSのStrong Programmeは否定論者たちを利するものだと認識されているようだ。そして、STS学者の多くは、気候変動のような政治的な問題に関与して、否定論者たちを結果として支援してしまわないように、距離をとっているようだ。