※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

批判サイド >資料集> 保守とリベラルで生理的反応が違っている

保守の心理



ネガティブな結果の阻止を優先する保守と、ポジティブな結果の増大を優先するリベラル


保守はネガティブな刺激に影響を受けやすく、ネガティブな画像に関心を惹きつけられやすい。これと絡んで、保守はネガティブな結果の阻止を、リベラルはポジティブな結果の増大にフォーカスする傾向も見られる。

Abstract

Political liberalism and conservatism differ in provide versus protect orientations, specifically providing for group members’ welfare (political Left) and protecting the group from harm (political Right). These reflect the fundamental psychological distinction between approach and avoidance motivation. Conservatism is avoidance based; it is focused on preventing negative outcomes (e.g., societal losses) and seeks to regulate society via inhibition (restraints) in the interests of social order. Liberalism is approach based; it is focused on advancing positive outcomes (e.g., societal gains) and seeks to regulate society via activation (interventions) in the interests of social justice. As evidenced by specific policy positions, the domains of social regulation and individual autonomy are mirror images for liberals and conservatives. These differences in regulation and motivation suggest fundamental divergences in conceptions of the group and bases of group membership (i.e., societal inclusion), with conservatives focusing on intergroup boundaries and common social identity, and liberals focusing on intragroup variability and interdependence. Implications for society are discussed.

政治的リベラルと保守は、提供と防護、特に集団構成員への福祉提供(政治的左翼)と集団構成員の外からの防護(政治的右翼)の点で違っている。これは接近動機と回避動機の基本的な心理学的区別を反映している。保守は回避ベースで、ネガティブな結果(社会的損失など)の阻止にフォーカスし、社会秩序の観点から、禁止(制約)によって社会を規制しようとする。リベラルは接近ベースで、ポジティブな結果(社会の利得)の増大にフォーカスし、社会正義の観点から、活性化(介入)によって社会を規制しようとする。特定の政治的立場によって証拠づけられるように、社会規制のドメインと個人自律のドメインは、リベラルと保守の鏡像である。これら規制と動機における違いは、集団の概念や集団構成員の基礎について、根本的な乖離の存在を示唆している。保守は集団間の境界線及び共通アイデンティティにフォーカスし、リベラルは集団間の多様性と相互依存にフォーカスする。その社会的意味合いを論じる。
保守は、ネガティブな結果を阻止すべく、ネガティブな兆候に関心を持つということのようである。


保守と恐怖と


ネガティブな兆候への関心は恐怖にも通じる。

5年ほど前に、恐怖感が保守支持を高めるという研究が発表されていた。
"Threatening situations do indeed seem to increase people’s affinity for politically conservative opinions, leaders, and parties," said New York University psychologist John Jost.

「脅威を受けている状態では、実際、保守的な意見や指導者や政党への親近感が高まる」とNew York Universityの心理学者John Josth言う。

Study co-author Kevin Smith, also a University of Nebraska political scientist, demurred at making such a connection. "Historically speaking, politicians have appealed to the ‘be afraid’ response in the electorate in an attempt to mine votes," he said. "But in terms of going from campaigning to what we did in the laboratory, that’s a large leap."

But even Smith agreed that "people with stronger responses are more sensitive to potential threats in their environment."

研究の共著者であり、University of Nebraskaの政治科学者であるKevin Smithはそのような関連を作ることに意義を唱える。「歴史的に言って、政治家たちは票を掘り起こそうとして、有権者の不安への反応に訴えかけてきた。しかし、選挙運動と、我々の研究の間には、巨大な飛躍がある。」

しかし、Kevin Smithも「強く反応する人々が、自分たちの環境への脅威に、よりセンシティブである」には同意している。

Asked whether the findings imply a fearmongering strategy for conservatives, New York University psychologist David Amodio responded, "Yes. And some people believe that they are actively using this strategy."

それらの知見が恐怖を煽る戦略が保守に有効だということを意味するのか問われて、New York Universityの心理学者David Amodioは「はい。保守が実際にこの戦略を積極的に使っていると考えている人々もいる。」と応えた。

実際、保守と恐怖を煽ることが不可分だと考えるジャーナリストもいる。
Conservatism, I fear (so to speak), can never be cleansed of this need to instill fear. Whether it’s of black people or of street thugs or of immigrants or of terrorists or of jackbooted government agents, it’s how the conservative mind works. I don’t even think it’s always cynical and manipulative; conservatives often do see enemies under every bed. But that doesn’t mean they’re there, and it most definitely doesn’t mean the rest of us ought to make law and policy based on their nightmares.

保守主義は恐怖を教え込む必要性から逃れられないのではないかと思う。それが、黒人か、街のチンピラか、移民か、テロリストか、高圧的な政府のエージェントかにかかわらず、それが保守の心の働きである。それを私は冷笑的とも、巧みな表現とも思わない。保守はベッドの下に敵の姿をみる。しかし、それは実際に敵がいることを意味しない。そして、彼らの悪夢に基づいて、法律や政策を作ってはならない。

この道を保守が極めると、人民の敵を狩り続けた革命政権と何ら違わなくなってしまいそう。


根が深そうな保守とリベラルの違い


保守とリベラルの認知スタイルが、前帯状皮質及び右扁桃体の体積と関連していることを示した研究がある。

Summary

Substantial differences exist in the cognitive styles of liberals and conservatives on psychological measures [1]. Variability in political attitudes reflects genetic influences and their interaction with environmental factors [2 and 3]. Recent work has shown a correlation between liberalism and conflict-related activity measured by event-related potentials originating in the anterior cingulate cortex [4]. Here we show that this functional correlate of political attitudes has a counterpart in brain structure. In a large sample of young adults, we related self-reported political attitudes to gray matter volume using structural MRI. We found that greater liberalism was associated with increased gray matter volume in the anterior cingulate cortex, whereas greater conservatism was associated with increased volume of the right amygdala. These results were replicated in an independent sample of additional participants. Our findings extend previous observations that political attitudes reflect differences in self-regulatory conflict monitoring [4] and recognition of emotional faces [5] by showing that such attitudes are reflected in human brain structure. Although our data do not determine whether these regions play a causal role in the formation of political attitudes, they converge with previous work [4 and 6] to suggest a possible link between brain structure and psychological mechanisms that mediate political attitudes.

心理尺度上の保守とリベラルの認知スタイルの間には大きな違いがある[1]。政治的態度の変動には、遺伝的要因及び、と環境要因との相互作用を反映している[2と3]。最近の研究で、リベラルと、前帯状回皮質に起因する事象関連電位によって測定される紛争コンフリクト関連活動の相関が示されている[4]。本研究では、政治的態度の機能的相関が、脳の構造の対応を持っていることを示す。若年成人の大規模なサンプルでは、構造的MRIを用いた灰白質体積と、自己申告の政治的態度に関連が見られた。我々は、前帯状皮質の灰白質の体積が大きいほど、よりリベラルであり、右扁桃体の体積が大きいほど、より保守であることを発見した。これらの結果は、独立した追加の被験者でも再現した。そのような態度が脳構造を反映していることを示すことにより、我々の調査結果は、政治的態度が自己規制紛争コンフリクトモニタリング[4]や感情的表情の認識[5]の違いを反映しているという、これまでの観察結果を拡張するものである。我々のデータは、これらの領域が政治的態度形成に因果的な役割を果たしているか決定できるものではないが、政治的態度を媒介する、脳構造と心理学的メカニズムの間のリンクの可能性を示唆する従来研究[4,6]と、ひとつにまとまっている。

[1] Jost, J.T., Glaser, J., Kruglanski, A.W., and Sulloway, F.J. (2003). Political conservatism as motivated social cognition. Psychol. Bull. 129, 339?375.
[2] Alford, J., Funk, C., and Hibbing, J. (2005). Are political orientations genetically transmitted? Am. Polit. Sci. Rev. 99, 153?167.
[3] Settle, J.E., Dawes, C.T., Christakis, N.A., and Fowler, J.H. (2010). Friendships moderate an association between a dopamine gene variant and political ideology. J. Polit. 72, 1189?1198.
[4] Amodio, D.M., Jost, J.T., Master, S.L., and Yee, C.M. (2007). Neurocognitive correlates of liberalism and conservatism. Nat. Neurosci. 10, 1246?1247.
[5] Vigil, J.M. (2010). Political leanings vary with facial expression processing and psychosocial functioning. Group Process. Intergroup Relat. 13, 547?558.
このKanai et al.[2011]は、保守よりもリベラルが、不確実性とコンフリクトへの寛容度が高いと示唆している。
For example, our findings are consistent with the proposal that political orientation is associated with psychological processes for managing fear and uncertainty[1, 10]. The amygdala has many functions, including fear processing[11]. Individuals with a larger amygdala are more sensitive to fear[12], which, taken together with our findings, might suggest the testable hypothesis that individuals with larger amagdala are more inclined to integrate conservative views into their belief systems. Similarly, it is striking that conservatives are more sensitive to disgust [13, 14], and the insula is involved in the feeling of disgust [15]. On the other hand, our ?nding of an association between anterior cingulate cortex volume and political attitudes may be linked with tolerance to uncertainty. One of the functions of the anterior cingulate cortex is to monitor uncertainty [16, 17] and con?icts [18]. Thus, it is conceivable that individuals with a larger ACC have a higher capacity to tolerate uncertainty and con?icts, allowing them to accept more liberal views.

たとえば、我々の発見は「政治的方向性が、恐怖と不確実性を管理する心理学的プロセスと関連性している」という提唱と整合している。扁桃体は多くの機能を持っており、これには恐怖の処理も含まれる。扁桃体が大きい人は恐怖に敏感であり、これは我々の他の発見と合わせると、大きな扁桃体が信条システムに保守的な見方を加える傾向があるという検証可能な仮説を示唆している。同様に、保守派嫌悪感に敏感であり、島皮質は嫌悪感に関与している。一方、我々の発見では、前帯状回皮質の体積と政治的態度が、不確実に対する寛容度と関連している可能性がある。前帯状回皮質の機能の一つは、不確実性及びコンフリクトのモニタリングである。したがって、大きな前帯状回皮質を持つ人は、不確実性とコンフリクトへの寛容度が高いと考えられる。

[10] Jost, J.T., Napier, J.L., Thorisdottir, H., Gosling, S.D., Palfai, T.P., and Osta?n, B. (2007). Are needs to manage uncertainty and threat associated with political conservatism or ideological extremity? Pers. Soc. Psychol. Bull. 33, 989?1007.
[11] Adolphs, R., Tranel, D., Damasio, H., and Damasio, A.R. (1995). Fear and the human amygdala. J. Neurosci. 15, 5879?5891.
[12] van der Plas, E.A.A., Boes, A.D., Wemmie, J.A., Tranel, D., and Nopoulos, P. (2010). Amygdala volume correlates positively with fearfulness in normal healthy girls. Soc. Cogn. Affect. Neurosci. 5, 424?431.
[13] Hodson, G., and Costello, K. (2007). Interpersonal disgust, ideological orientations, and dehumanization as predictors of intergroup attitudes. Psychol. Sci. 18, 691?698.
[14] Inbar, Y., Pizarro, D.A., and Bloom, P. (2009). Conservatives are more easily disgusted than liberals. Cogn. Emotion 23, 714?725.
[15] Wicker, B., Keysers, C., Plailly, J., Royet, J.P., Gallese, V., and Rizzolatti, G. (2003). Both of us disgusted in My insula: The common neural basis of seeing and feeling disgust. Neuron 40, 655?664.
[16] Critchley, H.D., Mathias, C.J., and Dolan, R.J. (2001). Neural activity in the human brain relating to uncertainty and arousal during anticipation. Neuron 29, 537?545.
[17] Kennerley, S.W., Walton, M.E., Behrens, T.E., Buckley, M.J., and Rushworth, M.F. (2006). Optimal decision making and the anterior cingulate cortex. Nat. Neurosci. 9, 940?947.
[18] Botvinick, M., Nystrom, L.E., Fissell, K., Carter, C.S., and Cohen, J.D. (1999). Con?ict monitoring versus selection-for-action in anterior cingulate cortex. Nature 402, 179?181.
また、リベラルに比べて保守は、新規刺激についての探索行動の範囲が狭く、ポジティブな刺激よりも、ネガティブな刺激を学習する。

Abstract

In this study, the relations among political ideology, exploratory behavior, and the formation of attitudes toward novel stimuli were explored. Participants played a computer game that required learning whether these stimuli produced positive or negative outcomes. Learning was dependent on participants’ decisions to sample novel stimuli and discover the associated valence. Political ideology correlated with exploration during the game, with conservatives sampling fewer targets than liberals. Moreover, more conservative individuals exhibited a stronger learning asymmetry, such that they learned negative stimuli better than positive. Mediational analyses revealed that the differences in learning were due to the extent of exploratory behavior during the game. Relative to liberals, politically conservative individuals pursued a more avoidant strategy to the game, which led to their development of a more pronounced valence asymmetry in learning and attitude formation.

この研究で、政治イデオロギーと探索行動と、新規刺激への態度の形成の関係を調査する。被験者は、これらの刺激がポジティブな結果をもたらすか、ネガティブな結果をもたらすかを学ぶ必要があるコンピュータゲームをプレイした。学習は被験者新規刺激のサンプリングの判断に依存し、関連する誘発性を発見する。政治的イデオロギーは、ゲーム中の探索行動と相関しており、保守はリベラルよりも、少ないターゲットをサンプリングした。さらに、より保守的な被験者は、ポジティブな刺激よりも、ネガティブな刺激を学習するといった、より強い学習非対称を示した。媒介分析により、学習の違いは、ゲーム中の探索行動の範囲によるものだったことを明かにした。リベラルに比べ、政治的保守な被験者は、ゲームに対して、より回避的戦略をとり、学習の非対称と態度の形成を行っていた。
同様に、リベラルと比べて保守は、ポジティブな刺激による条件付けよりも、ネガティブな刺激の条件付けの影響を受けやすいことが示されている。

Abstract

A considerable amount of research indicates that political conservatives and liberals perceive their social worlds very differently, with conservatives perceiving the world more negatively than liberals. Two studies examined how these varying perceptions may develop by exploring the relation between political ideology and attitude formation. In both studies, participants completed an evaluative conditioning paradigm in which novel stimuli were paired with either positive or negative images. Political conservatives were more susceptible to conditioning with negative stimuli than conditioning with positive stimuli as compared to political liberals. Specifically, conservatives were less susceptible to conditioning with positive stimuli than liberals. Conditioning with negative stimuli did not differ by political ideology. These findings suggest fundamental differences in the formation of positive versus negative attitudes between conservatives and liberals.

かなりの量の研究が、政治的保守とリベラルが社会的世界を非常に異なって知覚していることを示している。すなわち、保守はリベラルよりも世界をネガティブに知覚している。2つの試験で、政治的イデオロギーと態度形成の関係の探索によって、いかにして、これらの認識の違いが発達するのかを調べる。両試験で、被験者は、新規刺激がポジティブな画像あるいはネガティブな画像と組み合わされた、条件付けパラダイムを評価した。政治的リベラルに比べて、政治的保守は、ポジティブな刺激による条件付けよりも、ネガティブな刺激の条件付けの影響を受けやすかった。具体的には、リベラルよりも保守は、ポジティブな刺激の条件付けを受けにくかった。ネガティブな刺激の条件付けについては、政治的イデオロギーの差は認められなかった。これらの知見は、保守とリベラルの間に、ポジティブとネガティブな態度の形成に、根本的な違いがあることを示唆している。
以上をみると、どうやら、リベラルと比べて保守は、非対称にネガティブな刺激の学習をし、不確実性や紛争コンフリクトに非寛容で、探索範囲が狭い傾向があり、それは脳構造レベルでの違と相関しているらしい。

とすれば、保守とリベラル(共和党支持と民主党支持)の差が、たまたま現在それを選択しているという、変更可能な政策選択のようなレベルではないようである。