※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>宗教とインテリジェントデザイン>仏教

仏教は無神論宗教


欧米では仏教は無神論宗教とみなされている。たとえば、BBCの用語解説には以下のような記述がある:

Buddhism is a religion without God
仏教は神の存在しない宗教である。

No one saves us but ourselves,
No one can and no one may.
We ourselves must walk the path,
But Buddhas clearly show the way.

まさしく、自己によって為された悪は、自己によって汚れ、自己によって為されなかった悪は、まさしく、自己によって清まる。諸々の清浄と清浄ならざるは、各自のこと。他者が他者を清めることはない(自己が自己を清める)。

The Dhammapada, 165. (法句経 ダンマパダ 165)

The Buddha did not claim to be in any way divine, nor does Buddhism involve the idea of a personal god.
ブッダはいかなる意味でも神であると主張していなかった。そして仏教は人格神の概念を持っていない。

The Buddha suggested that it was fear that produced the religious impulse in humanity.
ブッダは恐怖が人間に宗教的衝撃をもたらすと示唆した。

Gripped by fear men go to the sacred mountains, sacred groves, sacred trees and shrines, but these are not a secure kind of refuge.

恐怖に怯えた人間たちは、諸々の山、さらには、諸々の林、諸々の聖園に樹木に霊廟など、まさに、多くの帰依所(依存の対象)へと行く。

The Dhammapada, 188  (法句経 ダンマパダ 188)

The way to cure this fear is not by believing in a God who will protect you, but by coming to a proper understanding and acceptance of the way things are.

この恐怖を癒す方法は、あなたを守る神を信じることではなく、物事の在り様を適切に理解し受け入れること。

Local gods (土地の神)

In many cultures Buddhism co-exists with local gods.

多くの文化で、仏教は土地の神と共存している。

Sometimes the local gods are seen as having adopted Buddhism, while in other places the local gods are regarded as manifestations of various buddhas. Often a particular local deity will be given responsibility for a particular temple or place of devotion.

ときには土地の神が仏教を受け入れたとみなされる。また別の文化では、土地の神が様々なブッダの化身とみなされる。

These "gods" are very different from the eternal God(s) of Judaism, Christianity and Islam. They are not eternal and unchanging, but are go through the process of death and rebirth, just as human beings do.

これらの"神々"はユダヤ・キリスト・イスラム教の永遠の神とは大きく違う。彼らは永遠でもなければ、変わらぬものでもない。彼らは人間のように死と再生を繰り返す。

Not an important question (重要な問いかけではない)

Most Buddhists, especially western Buddhists, don't spend much time worrying about whether gods exist or not - it's just not an important question.

大半の仏教徒、特に西洋の仏教徒は神が存在するか否かに心惑わせることはない。それは大した問題ではない。

Buddhism is essentially about living one's life so as to gain enlightenment; there may or may not be some gods or spirits around, but they're not of any real importance.

仏教は本質的には悟りに至るために人生を生きることについてのものである。神や魂が存在しようが、しまいが、本当のところどうでもよい。

The soul (魂)

Nor do Buddhists technically believe in a permanent individual soul that keeps being reborn into new bodies in the process of reincarnation.

仏教徒は、新たな肉体に転生して再生しつづける永続する個々の魂を信じていない。

For Buddhists nothing is permanent. A person changes continuously, there is no element of a person that is permanent...

仏教徒にとって永遠の存在はない。人は変わり続け、人の要素で永続するものはない。

...And just as there is a causal connection between the events that make up a person's life, so there is a causal connection between each of their lives.

人の生を形作るイベントの間の因果関係があり、それ故に、それぞれの生の間に因果関係がある。

これは、仏教がインテリジェントデザイン運動のアジェンダと衝突することを示唆する。インテリジェントデザイン運動の目指すものは、福音主義キリスト教の教義たる「人間が神の形に似せて創られたという命題」の擁護である。ただし、今のところ、インテリジェントデザイン運動は仏教に言及していない。