※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>創造論ネタ?

創造論者の真の問題


Jason Rosenhouse準教授が、2008年の創造論者コンファレンスで最も面白いネタを報告している。Dr. Andrew Snellingによる創造論の真の問題の指摘だ。

Here’s a picture to warm your heart:
心温まる図だ:

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 ( DSC00413.JPG)
  • 組織的に我々は全然だめな状態にある
    • まとまりがない
    • 分派があり、個人間の敵意がある
    • あまりにも多くの個人的議題がある
    • あまりにも多くの表層的な競合がある
  • 我々は、いくつかの強力な組織と、無数の個人から構成されている
  • 我々の科学的な品質管理の基準があまりにも違っている
  • したがって、すべてのモデルが科学的でないとき、支持者たちはすべてのモデルが等しく科学的に有効だと考えてしまうために、我々には主張される科学モデルの違いがわからなくなっている。

It comes from the closing presentation of the conference, entitled “The Creation Model: It’s Past, Present and Necessary Future,” by Andrew Snelling. Here’s another one:
これは「創造モデル: 過去・現在・必然的未来」というAndrew Snellingのコンファレンスクロージングプレゼンである。もう1枚はこれ:

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 ( DSC00412.JPG)
  • しかし、我々は創造論モデルをどれくらい、うまく作れているか
  • 正直になるなら、創造論モデルの現状を見る限り、その答えは、あまりにも貧弱という他ない。
    • 我々には統一的な宇宙論モデルがない
    • The Genesis Flood"出版から50年近くが経過したが、創造週間の岩石や、洪水前と洪水の境界線や洪水と洪水後の境界線など、地層や化石などの地質学的記録を説明できる地球史の包括的モデルが未だにない。
    • 大陸間のトレースできたり、大陸間で関係のある岩石の堆積順序が本当にあるのか否かという、地質学記録の本質について、未だに論じあっている。
    • 我々には、放射性物質による年代推定についての総合的な理解がない。RATEプロジェクトがあるにもかかわらず。

Guess I should stop worrying. Actually, the best moment in Snelling’s talk came later. Ever wondered where to locate the real problem with modern creationism?
心配するのはやめよう。Snellingの講演の最も面白いところは、この後だ。現在の創造論者の真の問題はどこにあるのか。


What if there was absolutely no evidence that the universe was young? No scientific evidence the universe was young. Would you still believe that it was young? Why? Because God’s word teaches it. That’s the only reason you need to have to believe the universe is young. God’s word says it, therefore I believe it. That’s not to say the evidences are not important. Of course they are. Because we’re commanded to have a reason for the hope, and to give reasoned answers for what we believe and why we believe it. But we must always remember our Biblical foundations.

So often we fight over the scientific evidence, but are we winning by leaving out our Biblical foundations? Too much of our creation apologetics has therefore been based on the evidence alone. We need to keep arguing from the level of world views. Because ultimately the problem that people have is spiritual, the deliberate rejection of God’s word. (Emphasis Added)

宇宙が若いという証拠が持たなかったとしたら。宇宙が若いという科学的証拠はない。それでも、宇宙は若いと信じられるだろうか?何故? それは神の言葉がそう教えているからだ。宇宙が若いと信じるために必要は理由はそれだけだ。神はそう言われたから、私はそう信じるのだ。それは証拠が重要ではないという意味ではない。もちろん、証拠は重要だ。希望への理由を持てと眼じられているので、自分たちが信じていること、そして信じる理由について論理的な答えを出すべきだ。しかし、我々は常に、聖書の基礎を念頭に置かなければならない。

我々は科学的証拠について、たびたび戦ってきた。しかし、我々は聖書の基礎を離れてなお、勝利しているだろうか? あまりに多くの創造論者たちが証拠のみに依存してきた。我々は世界観というレベルから論じ続ける必要がある。というのは、究極的には人々が抱える問題はスピリチュアルなもの、すなわち神の言葉を意図的に拒否することにあるからだ。











添付ファイル