※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Jason Rosenhouseの「インテリジェントデザインは若い地球の創造論者を嫌うが、それば...」


Jason Rosenhouse準教授は、インテリジェントデザイン支持者たちは、反進化論と若い地球の創造論が同義だとされるのを最も望んでいないと指摘する。

The big debate between Bill Nye and Ken Ham was tonight. Click here for the video. The whole thing is close to three hours, so get comfortable if you want to watch it all.

Bill NyeとKen Hamの間の大ディベートは今夜だった。動画は ここ 。全体で3時間近く、すべてを見たければ、気楽に。

But I do think there was a clear loser in the debate: the intelligent design crowd. This was the biggest event in the evolution vs. creationism battle in quite some time, and it was good ol’ young-Earth creationism that was on display. Once you factor in the extensive online audience and the other media coverage, the message everyone will have received is that anti-evolutionism is just equivalent to Bible-thumping obscurantism. This was precisely the notion ID was invented to dispel. Seeing Ham drone on and on about the Bible, to the point of defending the plausibility of Noah’s ark for heaven’s sake, must have had the ID folks seething. It’s one of the endearing features of YEC’s that they make no attempt to hide their religious motivations. This is why they drive the ID folks crazy.

しかし、このディベートで明確な敗者がいると私は思う、それはインテリジェントデザイン支持者たちだ。これはここ最近では、進化論対創造論の最大のイベントであり、映像に載った、古き良き"若い地球の創造論"だった。広範囲のオンラインの視聴者たちと、メディの報道の中で、誰もが受け取ったメッセージは、反進化論とは聖書を掲げた反啓蒙主義と同義だということを。まさしく、これを払いのけようと、インテリジェントデザインが発明されたのだ。天のために、ノアの箱舟の尤もらしさを擁護しようとして、Ken Hamが延々と聖書を引用し続けるのを見て、インテリジェントデザイン支持者たちは怒り狂っただろう。"若い地球の創造論者"たちの愛すべき特徴の一つは、彼らが宗教的動機を隠そうとしないことだ。だからこそ、インテリジェントデザイン支持者たちは怒り狂うのだ。


そして、その例を、Discovery Institute公式ブログのエントリから引用する:
The Discovery Institute seems to agree with my assessment. In a blog post bearing the desperate title, “In the Ham-Nye Debate, Not So Much as a Glove Was Laid on Intelligent Design,” they write:

Discovery Instituteは私のアセスメントと一致しているようだ。ブログポストで彼らは書いている。

Here’s an important point to register: Whatever you think of the Ham-Nye debate or the presenters, intelligent design was off-topic.

The debate asked this question: “Is creation a viable model of origins in today’s modern, scientific era?” Loaded as that question is with philosophical and theological encumbrance, it has nothing to do with intelligent design. Creation (as the word is commonly employed) refers to the Genesis account, which may be read any number of different ways; ID does not. ID is not a “model,” but rather an inference to the best explanation based on uniform experience with the cause-and-effect structure of the world. And ID certainly is widely employed in today’s modern, scientific era, including by scientists who are not associated with “intelligent design.”

銘記すべき最重点はこれだ: Ken Ham - Bill Nyeの論争あるいはプレゼンターたちについて何をお思うとも、インテリジェントデザインは話題になっていないということだ。

ディベートはこれを問うている。「創造は、今日の現代科学の時代において有効なモデルなのか?」 その質問は哲学及び神学問題として提示されており、インテリジェントデザインとはまったく関係がない。(通常使われている用語としての)創造は創世記の記述を指していて、様々に読まれている。しかし、インテリジェントデザインはそうではない。インテリジェントデザインはモデルではなく、世界の因果構造の均一な経験に基づく最良な説明の推論である。そして、インテリジェントデザインは今日の現代科学の時代に、「インテリジェントデザイン」と関連していない科学者たちにも、広く受け入れられている。

Blah blah blah. Sorry guys, the microphones have been turned off. No one is paying attention. Ken Ham is the public face of anti-evolutionism now.

あーたらこーたら。済まないが、マイクオフ。誰も関心を持っていない。Ken Hamは今や大衆にとっての反進化論の顔である。

Also at the DI blog, David Klinghoffer calls the debate a fiasco. He writes:

同じくDiscovery Instituteのブログで、David Klinghoffeはこのディベートを失敗だと言う。彼は書いている:

I’m terribly regretful about Tuesday night’s debate pitting creationist Ken Ham against “Science Guy” Bill Nye before as many as 532,000 viewers on YouTube. I say that as someone, an Orthodox Jew, who very much cares that Christians should be strengthened in their own faith. For many who watched, the event was likely corrosive of that faith. That’s what happens when someone challenges you on the evidence before such an audience, and like Ham, you choose not to answer adequately.

Unlike creationism, intelligent design is not apologetics — it’s a no-holds-barred search for truth about origins. But it sure is more persuasive than anything that Ken Ham presented.

火曜夜のディベートで非常に残念なことは、最大532000人のYoutube視聴者の前で、サイエンスガイ Bill Nyeと、創造論者Ken Hamを戦わせたことだ。キリスト教徒を大いに気にかける正統派ユダヤ教徒は信仰を強めるだろう。しかし、このイベントを見た多くの人々は信仰を損なっただろう。そのような聴衆の前で、証拠についてチャレンジされたときに、Ken Hamのように適切に回答しない選択をしたときに起きることだ。

創造論と違って、インテリジェントデザインは護教論ではない。起源の真理について制約のない探求である。しかし、Ken Hamが提示した何よりも、説得力がある。

Blah blah blah, again. Tell it to the hand, since he’s the only one still listening. Klinghoffer’s post is especially interesting, since he didn’t seem regretful in the run-up to the debate

あーたら、こーたら。彼は聞く価値がある。Klinghofferのブログポストは特に面白い。彼はディベートの準備について残念がっていないからだ。

OK, I’ll confess. I’m going to watch the debate on February 4 matching creationist Ken Ham versus “Science Guy” Bill Nye. I’ll do so with eagerness and pleasure.

そうだ、正直に言っておこう。私は創造論者Ken HamとサイエンスガイBill Nyteの2014年2月4日のディベートを見るつもりだ。熱心かつ喜んでそうするつもりだ。

And later: そしてそのあとで

More seriously, I would like the world to get a good look at a genuine creationist: what he says, how he argues, what questions animate him. It’s been among the more dishonest tactics of ID’s critics to paint intelligent design as just another shade of “creationism.” The more people watch Ham debate Nye, the better they will be able to appreciate the stark contrast between advocates of intelligent design and those of creationism.

もっとまじめに言うと、私は世界に、本物の創造論者の良き面を見てほしいと思う。彼が言うこと、そして彼の論じ方を、どんな問いが彼を生き生きと見せるかを。インテリジェントデザイン批判者たちの不誠実な戦術のひとつに、インテリジェントデザインを創造論の別の面だとい描写するというのがある。Ken HamがBill Nyeとディベートをするの見れば、インテリジェントデザイン支持者と創造論支持者の違いを明確に把握できるようになるだろう。

It doesn’t seem to have worked out that way.

More seriously, I devote a chapter of Among the Creationists to comparing YEC to ID. On the one hand, the cultural differences between them are real. The people I met at ID conferences were nearly always hostile towards YEC. The YEC’s, for their part, were generally ambivalent toward ID. They liked the anti-evolution part, but didn’t like the part where they refused to identify the designer.

そうはいかなかったようだ。

もっとまじめに言うと、私の本"Among the Creationists"の中で、"若い地球の創造論"とインテリジェントデザインの比較に一章を使った。一方で、彼らの文化的違いはリアルである。インテリジェントデザインコンファレンスでであった人々は、ほぼ全て"若い地球の創造論"に敵対的だった。"若い地球の創造論者"たちはインテリジェントデザインについてアンビバレントだった。彼らは反進化論の部分を好んだが、デザイナーを特定しようとしないことを嫌った。

But for all of that, Klinghoffer is full of it when he says it’s a dishonest tactic to compare ID to creationism. The proper analogy is that they are different dialects of the same language. As much as they try to be relentlessly on message in their public forums, their isn’t enough slick rhetoric in the world to disguise their religious motivations. This was also manifestly obvious at the ID conferences I attended.

In short, wherever you find anti-evolutionism, you can be sure that religion is not far behind. The main difference between YEC and ID is the honesty of its practitioners in acknowledging that

しかし、そのすべていについて、Klinghofferは、インテリジェントデザインを創造論に比することを不誠実な戦術だというとき、彼は嘘をついている。適切なアナロジーは、彼らが同じ言語の違う方言を受かっているというものだ。公衆へのメッセージにこだわるあまりに、宗教的動機を偽装するためのレトリックは十分に滑らかになっていない。それは私が参加したインテリジェントデザインコンファレンスでも明らかだった。

つまるところ、反進化論の背後に宗教があるのを確認できる。"若い地球の創造論"とインテリジェントデザインの違いは、それを認める正直さの差異である。