※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Jason Rosenhouseの自然選択とカトリック


20世紀初頭、カトリックには自然選択を異端に近い見方があった。

Gregory was referring specifically to the response of Protestant scholars and theologians. The response from the Catholic Church was scarcely an improvement. It is technically true that they never declared evolution to be heretical. But they came awfully close to doing so when they condemned a book by Rafaello Caverni, who defended a rather circumscribed view of evolution. The reaction from the Congregation of the Index, charged with deciding what was and was not heretical, is worth considering at length:

歴史学者Frederick Gregoryは特にプロテスタント学者と神学者の反応を参照している。カトリック教会からの反応も進んだものではなかった。進化論を異端だと宣告したことがなかったというのは形式的には正しい。しかし、進化論の制限的な見方を擁護したRafaello Caverniの本への非難は、異端判断に近いものだった。何が異端で何が痛んでないかを判断して訴追する、禁書目録改訂委員会[Sacred Congregation of the Index: 1571–1917]からの反応は見ておく価値がある。

Until now the Holy See has rendered no decision on the system mentioned. Therefore, if Caverni’s work is condemned, as it should be, Darwinism would be indirectly condemned. Surely there would be cries against this decision; the example of Galileo would be held up; it will be said that this Holy Congregation is not competent to emit judgments on physiological and ontological doctrines on theories of change. But we should not focus on this probable clamor. With his system, Darwin destroys the bases of revelation and openly teaches pantheism and an abject materialism. Thus, an indirect condemnation of Darwin is not only useful, but even necessary, together with that of Caverni, his defender and propagator among Italian youth.

これまで教皇庁は進化論について何らの判断も示していない。したがって、Caverniの著作が非難されたのであれば、同様にダーウィニズムも間接的に非難されたことになる。確かにこの判断に対して、抗議の声はあるだろう。ガリレオの例を挙げてくるかもしれない。本委員会には、問題の理論についての生理学的及び存在論的判断を下す権限はないと言われるかもしれない。しかし、我々はそのような、あるいうべき抗議にフォーカスすべきではない。ダーウィンはその理論を以って、啓示の根拠を破壊し、公然と汎神論と絶望的唯物論を教えている。したがって、ダーウィンの考えをイタリアの若者に広め、擁護するCaveniへの非難とともに、ダーウィンに対する間接的非難は有用であり、必要である。

This goes on for another paragraph. Nor was this an outlying view among the Church authorities. Historians Mariano Artigas, Thomas Glick, and Rafael Martinez write:

これは他のパラグラフにも見られる。またこれは、教会上層部の中で孤立した動きでもなかった。歴史学者Mariano ArtigasとThomas GlickとRafael Martinezは書いている。

Evolutionism was viewed by many Catholic theologians as a materialist and agnostic ideology based on a scientific theory that had no serious foundation. This ideology seemed opposed to Christian doctrine on the Bible, on Creation and divine action in the world, and on human beings. There was a consensus among theologians about Catholic doctrine, including aspects that, without expressly being dogmas of faith, were held to be closely related to them, and evolution, as it was presented by its most ardent proponents, certainly clashed with dogmas of faith and with other positions generally held by theologians.

進化論は多くのカトリック神学者から、まっとうな基盤のない科学理論に基づく唯物論者及び不可知論者のイデオロギーと見られていた。このイデオロギーは聖書や世界と人間の創造及び神の行動を基盤とするキリスト教の教義に反しているようだった。「明示的に表明された信仰の教義ではないにせよ、それに非常に近いものとして神学者たちが共有する一面を含む、カトリック教義」について、「最も強力な進化論支持者が提示するものとしての進化論は、信仰の教義や神学者たちによって広く共有されているその他の立場と確かに衝突する」という点で、神学者たちの間にはコンセンサスががある。